メンタルコントロール7 オンパレード

だんだんと重要なメンタルの持ち⽅が明らかになってきました。

少し振り返ってみましょう。

相場の⼤原則は「相場がどう動くかは誰にも分からない」ということ

そして前回出てきたのが、「相場は確率で考える」ということです。

確率で考えるとはどういうことか、もう少し詳しく説明します。

確率という話をすると、⼩難しい数学を使って何か計算しないといけないんじゃないか。。。

なんて考えて⾝構えてしまう⼈もいると思いますが、ご安⼼ください。

簡単にいうと、これから相場が

上がっていく可能性が⾼いのか

下がっていく可能性が⾼いのか

それともどちらに向かうか分からないのか、

この3つのどれかしかありません。

ほとんどの相場の状態は3つめの、どちらに向かうか分からない状態です。

しかし、ある限られた時点だけ、挙がっていく可能性が⾼い、または、下がっていく可能性が⾼い

という判断ができる場合があるのです。

これを判断するのがテクニカル分析であり、

技術⾯で磨いていく部分です。

これから挙がっていく可能性が⾼いと判断できる場合は、

もちろんロングのポジションをとればいいわけで、

これから相場が下がっていく可能性が⾼いと判断できる場合は、

ショートのポジションをとればいいのです。

確率で考えるとはこういうことです。

「相場はどう動くかは誰にも分からない」

という原則がある限り、確率で相場をとらえないと

どんどん負けていくことになります。

負けるトレーダが多いのはこれを知らずにトレードしているのが⼤部分です。

もしくは知っていても本当の意味で理解できていない。

重要な話のオンパレードです。

4回読み直しましょう

相場は確率で考えるということ。

上がる確率が⾼いか、下がる確率が⾼いかを考えるということ。

これだと「相場がどう動くかは誰にもわからない」という

相場の⼤原則にも当てはまりますよね。

確率的には上がる可能性が⾼いけど、

どう動くかはわからないので、もちろん下がることもある。

という考えをすることができるのです。

もうこれすごい⼤事ですからね。

これまで負けていた⽅でもこれを体に染み込ませることで、

かなり成績が変わってきますからね。

では、確率的に上がる可能性が⾼い時に

仮にロングでエントリーしたとして、

相場が下がってきたらどうなるのでしょうか。

それは当然損切りします。

確率で考えることで、確信してエントリーした時よりも、

損切りへの抵抗がなくなるのです。

損切り設定をなくしたりずらしたりすることもなくなります。

なぜでしょう??

そう、確率で考えることで、

上がることもあれば、下がることもあると考えることができるからです。

上がると思ってエントリーしていても、

下がってきたらそれはそれで受け⼊れることがすんなりできるのです。

だって確率ですからね!

では次回も確率の考え⽅を深く理解していきましょう。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する