メンタルコントロール6 本質に迫る

今回も損切りができない原因について、どんどん切り込んでいきます!

以前、トレードで損が膨らむ流れを⼀緒に追っていったのを覚えていますか?

これから相場が上がっていくと確信してロングをいれた。

でも相場がどんどん下がってきてしまった。

⼤丈夫、テクニカル分析ではこれから上がっていくはずだ。

どんどん下がって耐えきれなくなった時に始めて損切りを⼊れる。

という流れでした。

この中で、圧倒的に危険な考え⽅があるんです。

損切りを早めに⼊れなかったのもそうですが、それはエントリーの時の考え⽅にあります。

そう、「これから相場が上がっていくと”確信”して」という部分です。

確信、という部分がとても危険な考えなんです。

中にはこう思う⽅もいるかもしれません

「相場が動く⽅向を確信してからでないとエントリーを⼊れるべきではないでしょ?」

確かにそれも⼀理あります。

しかし、圧倒的に危険なのが、この「確信」という考え⽅です。

皆さんは僕が過去にお伝えした思い込みの話を覚えていますか?

しいたけが⾷わず嫌いだった⼈の話を覚えていますか?

そう、この「確信」という考え⽅が思い込みだという可能性も往々にしてあるのです。

前回、相場はいつだれがどのように動かすか分からないとお伝えしました。

それなのに、相場が上がっていくと確信するのは変だと思いませんか?

以前ちらっとこの⽭盾についてお話しましたが、この⽭盾こそが、相場で勝てない⼤きな原因なのです。

さぁ⾯⽩くなってきましたね。

メンタルということについてもっともっと深く考えていきたいと思います。

相場の⼤原則「相場がどう動くかは誰にも分からない」というのと、

「相場が上がっていくと確信したらからロングを打つ」というのには⼤きな⽭盾があります。

誰にも分からないのに確信する、というは変ですよね。

どちらが間違っているのでしょうか。

そう、当然のように後者です。

何度もお伝えしている気がしますが、相場が動く⽅向を確信するという考え⽅は⼤変危険な考え⽅です。

確信してエントリーするということは、思い込みがあるままエントリーしている可能性もある

ということです。

さらに、その思い込みが損切りを実⾏することを妨げています。

では確信してはいけないということはどういうことでしょう。

そう、確信という⾔葉は100%そうなる、と考えているということです。

相場にそんな考え⽅を持ち込んではいけません。

よく⽬にするトレード⼿法の開設等で、

絶対勝てる、だとかそういう⽂⾔が書かれている本や商材は絶対に信じてはいけません

そもそも、その書いた⼈⾃⾝が相場に対して危険な考え⽅をしているからです。

そういう⼈は必ずいずれ破綻します。

これは絶対です。確信しています。

相場で⽣き残っていくためには、確率で考えないといけないのです。

今、サラッと書きましたけど、これはとても重要なことなんです。

いよいよメンタル⾯の本質に差し迫ってきました。

この本質を理解できれば、きっと損切りできなくて苦しまなくなります。

僕も、この本質を理解できてからトレードの成績が格段に上がりましたからね。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する