メンタルコントロール5 損切りはやっぱり大事!

トレードをする上で、思い込みがあなたの邪魔をしているということを

これまで説明してきました。

これから相場が上がると思ってロングエントリーをしていて、

相場が下がってきた。。。

そして、ここまではさすがに下がらないだろうと、

そう思っていたラインを下抜けても損切りができなかった、、、

そして気づいたら⼤損。。

この例を説明しましたが、

では、この⼈はどのタイミングで損切りをするべきだったのでしょうか?

このトレードで⼤事になってくるのは、

「ここまでは下がらないだろうと思っていた最終防衛ライン」

です。

このラインを下抜けてしまうと、

トレードシナリオが崩れてしまうので、流⽯に損切りをしなければなりません。

なので、あなたがまずするべきことは、

そのラインの下に損切りの設定をあらかじめ⼊れておくことです。

そして、それは絶対に動かしてはいけないラインです。

あなたの資⾦を守る超スーパー命綱なのです。

そのラインをずらしたり消したりすることは、

命綱を⾃分で切ったり、綱の⻑さを伸ばしたりする⾏為と全く同じなのです。

例えばあなたが崖を登っていたとして、

命綱を⾃分から切ったり、その⻑さを伸ばしたりしますか??

怖くてできないですよね??

相場でも同じなんです。

損切りラインを変えることはそれだけインパクトもあることなんです。

まぁ、これは頭で分かっている⽅がほとんどだと思いますが、

トレードで実際に損切りラインを守れる⽅はかなり少ないです。

さぁ、だんだん相場のメンタルスキルアップの真髄に迫ってきました!

これから、どんどん深く考えていきましょう。

「相場がどう動くかは誰にも分からない」

そう頭で分かっていても、損切り設定をずらしたり、削除したりしてしまうのはなぜでしょうか。

それは、本当の意味でこの⼤原則を理解していないからです。

以前僕がこの⼤原則についての本当の意味をお伝えしたのを覚えているでしょうか。

FXの世界は相対取引になっていて、

どこかの誰かが⼤量にロングの注⽂を⼊れると、それによって相場が⼤きく動く。

そのどこの誰かがいつ、どのようにポジションをとるか等は誰にも分からないし、

分かるわけがない。

そのため、当然相場もどうなるかわかるわけがないのです。

ある時にあなたが相場が上がると思ってロングを⼊れたとしても、

そのあとになって、どこかの誰かが⼤量のショートを⼊れるかもしれません。

そうなったら、あなたのポジションは損が増える⼀⽅で巣。

それなのにあなたは損切りの設定をずらしたり、削除したりしますか??

どこかの誰かさんは、あなたのポジションなんか気にもしません。

あなたがロングを持っていて、資⾦が減っていってもどうでもいいと思っています。

なんかひどい。。。そう思ってしまうのも仕⽅ないですが、FXとはそういう世界です。

逆に、あなたがロングを持っていて、相場が挙がり続けてくれたら、もっと上がれ!!と思いますよね?

どこかの誰かがその時ショートを持っていて、お⾦がどんどん減っていってるからと⾔って、

全然気にもしませんよね??

損切りを設定しておくということは、その逆へ向かう波から逃れるただ⼀つの⽅法なのです。

ここまで考えると、少しは損切りの⼤切さがお分かり頂けたのではないでしょうか。

次はこちらです。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する