メンタルコントロール15 coin toss

トレードプランを⽴てること。

これが資⾦管理をすることと同じだと僕は考えます。

トレードプランは4つの要素からなっている。

1.こうなったらエントリーする

2.ロットはこれくらい

3.こうなったら損切りをする

4.こうなったら利確をする

エントリーについてはこれまでお伝えしてきましたね。

まぁこのエントリーについては、

実施はそれぞれの⼿法によってどのタイミングでエントリーするか

変わってくるので、技術⾯についてのお話の際にお伝えできればと思います。

次に、2~4については密接に関係しているので、

まとめてお伝えしたいと思います。

まず、順番が前後しますが、3,4 について考えていきましょう。

3,4はこうなったら利確してこうなったら損切りする

という基準をあらかじめ決めておきましょう。という話です。

これも⼿法によって変わってくるので、ここで明確にこうなったら必ず損切り!

とかはお伝えしません。技術⾯の話に⼊ってしまいますので。

今は資⾦管理について考えているので、

資⾦管理の⾯からこの損切り・利確の決定についてお話しします。

まず、損切りと利確のタイミング(位置)については

それぞれのトレード⼿法で⾃ずと決まってきます。

この療法が決まらない、決めることができない⼿法は

まず使うべきではありません。

トレードプランが⽴てられない⼿法ということになりますから、

そもそもそれは⼿法として成り⽴っていませんからね。

ということで、まず⼤切なのは損切り・利確の位置も

あらかじめ決めておく。

そしてこれにもコツがあるんです。

どんどん深く考えていきましょう。

トレードプランのうち、

利確と真切りを設定するということについて

お伝えしています。

それぞれの⼿法で、損切りと利確のタイミングを決めたと

しましょう。

その時に重要になってくるのが、

リスクリワードの概念です。

リスクリワードとは、損切りになったらこんだけ損することになるけど

もし利確することができたらこれだけ稼げることができる。

という損の⼤きさと利益の⼤きさを⽐較するための考え⽅です。

損切りの位置と利確の位置が決まっているので、

このリスクリワードの考え⽅は必然的に計算することができます。

計算といっても、単に⽐率を出すだけです。

これをリスクリワードレシオというのですが、

損切りになってしまった場合に動く損切りの⼤きさ(pips)を1とした時に、

利確になった場合に動く利益の⼤きさ(pips)がどれくらいの数字になるのか

という考え⽅です。

例えば、これからしようとしているトレードで、

損切りになった場合は10pipsの損になってしまい、

利確になった場合には20pipsの利益を得ることができるとしましょう。

その場合、リスクリワードレシオは、

10:20 = 1:2 になります。

つまり1のリスクをとると、2の利益を得ることができる可能性がある

ということです。

ということは3回トレードして1回以上勝つことができれば、

資⾦を減らすことはありませんよね。

1回⽬に負けてマイナス1

2回⽬に負けてマイナス1

3回⽬に買ってプラス2

ということですから、結局ゼロになります。

つまり、30回トレードして10回トレードしてもトータルでゼロになるので。

30回トレードして11回以上勝つことができれば、トータルではプラスになるはずです。

簡単な計算ですよね!

リスクリワードレシオについてお伝えしましたが、

理解いただけたでしょうか。

リスクリワードレシオが1:2の場合は、3回に1回勝つことが

できれば、資⾦を減らすことはない。

ではリスクリワードレシオが1:1の場合はどうでしょう。

これは2回に1回勝つことができれば、資⾦を減らすことはなさそうです。

という具合に、次はトレードの勝率の話も出てきます。

どんな⽅法を取っても、勝率は50%にはなるはずです。

だって、相場がどう動くかは誰にもわからないんですから、

何も考えずに適当にトレードをすることは、

コインを投げて⾯か裏が出るのを適当に予想するのと同じです。

ということは50%の確率で勝つことができれば、

つまり100回トレードして50回勝つことができれば、

リスクリワード1:1でトレードしている以上は資⾦を減らすことはありません。

優秀な⼿法ですと、80%の確率で勝つことができるので、

もっともっと資⾦が増えていきます。

ここで⼤切なのは、何度も⾔いますが、

損切りをしっかりするという前提があってこそです。

損切りをしないと、リスクリワードなんていう考え⽅すらできないですからね。

みなさんなら、もう損切りをできるようになっているはずなので、

今やっとこのリスクリワードの話ができるようになっているわけです。

確実に成⻑していますね。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する