メンタルコントロール14 トレードプランを立てる

今回からさらなる⾼みを⽬指して、

資⾦管理について考えていきましょう。

資⾦管理と聞くと、何やら⾊々と計算をしたりしないと

いけないような。。

なんか難しそうな。。

と漠然とした難しさを感じる⽅が多いのではないでしょうか。

まぁ確かにざっくりと計算をしなければならないですが、

そんなに難しいことではないです。

まずは僕の⾔う資⾦管理とは何か、説明していきます。

資⾦管理とは、

単純に⾃分の資⾦が無くならないようにトレードプランを⽴てることです。

もっと⾔うと、資⾦が無くならないようにするだけでなく、

資⾦が増えていくようなプランを⽴てることです。

資⾦管理なんでくどい⾔い⽅をしなくても、

実際は

単純に資⾦が無くならないように、もっと⾔えば増えていくように

トレードしましょうと⾔うことなんです。

みなさんトレードする以上は、

このスタイルを⽬指すのは当たり前だと思いますよね??

そう、資⾦管理って偉そうに⾔ってても、

単純に勝てるトレーダーの常識をうたっているだけなんです。

ちょっとは⾝構えていた緊張がほぐれましたか??

トレードプランを適切に組み⽴てさえすればいいんです。

簡単ですね!

と⾔うことだとお伝えしました。

では、適切なトレードプランとはどのようなものなのでしょうか。

トレードプランとは、

こうなったらエントリーして

ロットはどれくらいで、

こうなったら損切りをして

こうなったら利確して

と⾔う様々な相場の動きに応じて、

どう⾔う⾏動をとるかをきめておくことです。

⼤事なのは、これをエントリーしてから決めるのではなくて、

エントリーする前に決めておくことです。

よく初⼼者の⽅で多いのが、

なんかとりあえずチャンスのように⾒えたから適当なロットでエントリー

してしまうことです。

そして後になってから、相場が思っていた⽅向と逆に動いて

含み損を抱えてしまって、

損切りをいつしようか迷ってしまう。。。

これが初⼼者トレードの中でダントツに多いパターンです。

これでは、トレードプランを⼀つも作れていませんし、

さらにこれまで学んできた損切りを決めた位置でちゃんと実⾏する

こともできていません。

損切りを確実に実⾏すると⾔うことは、

あらかじめどこで損切りをするのか、と⾔うトレードプランが

あってこそのものです。

これまで学んできたことが資⾦管理の⾯でも活かされてきましたね。

トレードプランとは、

1.こうなったらエントリーする

2.ロットはこれくらい

3.こうなったら損切りをする

4.こうなったら利確をする

という4つの要素をあらかじめ決めておくことでした。

これはエントリーする前に決めておかなければなりません。

まず、こうなったらエントリーする

ということをあらかじめ決めておくので、

必然的にその狙っている位置まで(またはそのパターンを形成するまで)

相場が動いてくれるのを待つということにつながります。

よく聞きませんか?

トレードは待つことが⼤事って。

これって、トレードプランを⽴てることが⼤事というのと

全く同じ意味なんです。

待つということは、少なくともエントリーについての

プランがあるということですからね。

トレードはトレードプランありきなので、

トレードプランありきということは、

エントリータイミングもあらかじめ決まっているということで、

ということは、そのタイミングがくるまで

待つことが⼤事ということになります。

トレードは待つことが⼤事って⾔いますけど、

それだけ聞くとなんかいつまで待てばいいのかもわからないですし、

焦れったいから嫌になっちゃって、

結局変なところでエントリーしちゃうんですよね。

だから、待つことだけを考えるんじゃなくて、

トレードプランを⽴てることを考えるようにしましょう。

そうすると必然的に待つことにつながります。

次はこちら!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する