FXで損切りしないトレード方法とは!ストレスなくトレードしませんか?【勝つための必須手法公開】

FXでは値動きが常に上下していて、「1度つけたレートは2度つける」と言われるくらい、上昇したら下落して戻ってくる。下落したら上昇して戻ってくるように見えてしまいます。

それなら損切りしないようにして、利益が出た時に利益確定決済をしたら良い気もしますね。

今回は、損切りしないトレード手法について考察して、損切りしないことがどのような影響をもたらすのかをお伝えします。

この記事を読んでわかること FXにおいて損切りしないトレードを行うことで引き起こされることを解説し、損切りをしないトレード方法についての考え方を説明しますます。

FXで損切りをしないトレード方法は有効なのか

FXトレードは負け方(損切りの仕方)で結果が変わる

FXトレードをする上で一番重要な心構え!

「勝つことよりも負けないことを第一優先で考える。負けるとしても上手な負け方をする。」

上手に負けることこそ、FXの全てと言っても過言ではないでしょう。

負けないこと、とは、長期的に見て資金を大きく減らしてしまわないことをさします。決して、1回のトレードで損切りをすることではありません。

たかが1回のトレードの損切りなど、長い目でみれば些細なことです。

つまり、損切りしないトレードをすることはハッキリ言ってやめておいた方がいいです。

トレードで勝てないうちは、「損切りさえしなければ苦しい思いもすることもないし、何より100%利確できるから良さそう」

と思って、損切りしないトレード方法を検索しがちです。ですが、こういうことを検索して探すのならチャートを自分で検証してみることをお勧めします。

時間を有効に使いましょう。

損切りしないのは最強!だが膨大な資金力が必要

本当のことを言えば、もし可能なら損切りしない方が損はしないし利益だけ確定できるのでかなり有効なのです。

でもそれをするには、ロスカット(ゼロカット)を食らわないような膨大な資金が必要です。

さらに、含み損をずっと持っておくという忍耐力と、含み損が利益になるまでひたすら待つという時間を消費してしまうことになります。

トレードは短期で効率よく資金を増やしていくものなので、この方法はFXトレードには不向きと言えるでしょう。

ポイント

損切りしないトレード方法はある意味最強!だけど、膨大な資金と膨大な時間が必要なので、損切りをこまめにやっていく方がトータルで見てお得!

FXトレードにおける上手な負け方(損切りの仕方)とは

じゃあ負けないトレードってなんなんだ、負けるとしても上手な負け方って何なんだ!!!という話ですよね。

上手な負け方、それは適切な損切り注文の設定方法のことを指します。

では適切な損切りラインの設定とは何か。
それはエントリー後、期待したような値動きをしなかった際に、エントリー位置から最も近い(最も損が少ない)位置で、かつ狙ったような値動きにならないと諦められるような位置で損切りを設定するということです。

これからもっと詳しく、図で説明していきます。

FXトレードでエントリーしたあとに含み損がでたら考えること

例えば、こんなケースを考えてみます。

レジスタンスライン(この時はサポートですが)直上でもんだ後、下がってきてサポートラインにサポートされ、
再度レジスタンスラインまで上がってきたのでショートでエントリーしたとします。

レジスタンスラインに抑え込まれて、下がっていくことを想定してエントリーですね。

しかしその後、レジスタンスライン直下でもみ合って、レジスタンスラインを上抜けてしまいました。

この時点でストーリが崩れたと判断して、損切りする箇所を探していきます。

実際は、エントリー前に損切りポイントは確定しておかなければならないので、どのようなところで損切りポイントを設定するか、これから具体的に説明します。

こちらはすごく簡略化した例ですが、移動平均線だろうがボリンジャーバンドだろうが、エントリーから含み損が出てきた時に損切りポイントは必ず設定していかなければなりません。

FXトレードの損切りはストーリーが崩れたところで必ず行うこと!

ではどこに損切りライン(ストップロス)を設定するか。
それは、過去このレジスタンスライン付近でもみ合ったときの情報をあてに設定するんです。
チャートは嘘をつきません。過去のチャートを見れば損切りラインの位置を教えてくれます。
先ほどの例でいうと、ちょうどこの赤線のラインですね。

ここまで上がってしまったら、諦められます。
このラインを抜けてしまうと、次にレジスタンスされるのがもっと上になってしまうからです。

これが上手な損切りラインの設定方法です。
損失も極力抑えることができ、なおかつストーリ的に諦めが付くラインですから。

下の図のようにレジスタンス上でもみ合い、結局下がってくれた場合は思惑通り、利益になります。


実はこのパターン、過去のチャートを分析していても結構多いんです。
レジスタンスラインを一度上抜けてから下がっていく、いわゆる「だまし」と言われているパターン。
これに引っかからないようにするためにも、適切な損切りラインの設定が重要なんですね。

逆に、下の図のように損切りラインを抜けて上がっていってしまった場合、

これはあらかじめ設定しておいた損切りラインでロスカットされるので
ストーリが崩れたと判断できる最小の損失でトレードを終えることができるんです。

値動きを見ながら損切りポイントを適切に設定して、トレードを行っていくのが大切なのです。

損切りポイントには正解はありません。人によってそれぞれです。長期的に見て資金が増えていくような損切りの仕方だと問題ないでしょう。

ポイント

値動きを見ながら、ストーリーが崩れるところを損切りポイントとしよう。利益が出てきたらひたすら利益を伸ばすようにしよう。

損切りしないという「大衆心理」を逆に利用したトレードをしよう

「勝つことよりも負けないことを第一優先で考える。負けるとしても上手な負け方をする。」

FXには絶対に勝てるトレード!というものはありません。

本やネット商材なんかでそういう文句をうたっているものは、全く信用していません。

だってそんな方法があれば、9割以上の人が負けるわけないんですから。そんな方法が売られたりして出回るわけがないんです。

9割以上の人がそういう話を信じてトレードしてそのまま負けるんです。
ほとんどの人が負けて、その人たちが失ったお金を一部の少人数ががっぽりまっていく。残酷ですが、それがFXです。

だから、その一部の少人数になるために、ルールや手法をそれぞれの人が見つけ出していかないといけないんですね。
自分のデッキを作るカードゲームみたいなもんです。

9割以上の人、つまり「大衆心理」と同じように損切りをしないことを考えるのではなく、すぐに損切りをするというごく一部のトレーダーになりましょう。

大衆心理についての記事をこちらにまとめております。大衆心理とはどのようなものだと思いますか?

FXは本来楽しいものです。ストレスを抱えながらトレードをしたくありませんよね?

今この記事を読もうと思ったあなたはなぜ読もうと思いましたか?

損切りをせずに楽にトレードしたいという気持ちからではありませんか?

本当に楽したければ、損切りをひたすら繰り返していく技術が必要なのです。

ストレスのない健全なトレードをしたいですよね。

こちらの記事でFXで実際に使える手法を公開しています。

かなり信頼性の高い手法なので、大衆心理を利用して少数の勝ち組に入りませんか?

こちらの記事をご覧ください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ポイント

損切りができないのは当たり前のこと! 悩まずにトレードの考え方を身に付けることにフォーカスしよう!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する