FX ポジポジ病を克服する最も簡単な方法を現役トレーダーが解説!

FXのポジポジ病は克服すべき恐ろしいトレードのクセ

「ポジポジ病」それはFXトレーダーの資金をむしばむ恐ろしい病気。


ポジとはポジションのことで、「FXにおいてロングorショートのどちらかのポジションを持っておかないと気が済まない!」

という病気のことです。

ポジポジ病の何が悪いかというと、
本来FXは、自分のルール・分析を元にエントリータイミングを決めるべきなのですが、それが全く機能しなくなるんです。


当然正しいルールでエントリーしていないから、損失を出して終わってしまう。
たまに利益が出ることがありますが、トータルでは必ず負けてしまいます。

建前上は、「ここがこうなっているからエントリーしてるんだ!」とかいう根拠みたいなのを無理やりこじつけてるので、自分はルールを守っているつもりになっているのです。

ドキッとしたトレーダーも多いのではないでしょうか。

このポジポジ病が生じるのは、レンジ相場になっている時に多く見受けられます。

レンジ相場では、上昇と下落を繰り返しているため、一般的にトレンドフォローのスタイルを取ろうとするトレーダーはいわゆる往復ビンタを食らってしまうのです。

この往復ビンタを食らっている間に、だんだんと向きになってしまい、いつの間にかポジションを何回も入れてしまっているのです。

ポイント

ポジポジ秒は何回もポジションを入れてしまうFXトレードで一番克服しておきたいトレードのクセです。

ポジポジ病を克服できない理由2つを具体的に説明

トレードルールの大切さを理解して実施できていない

ポジポジ病はFX初心者に多く見られる現象ですが、その初心者の方はほとんどが、
ルールの大切さを本当の意味で分かっていないんです。
ルールを破ったらどうなるか、ルールを守ることでどうなるか、自分の中に本当の意味で落とし込めていないんですね。


だから、例えば大陰線をつけて下がって来たときに、「おっ!これかも下がり続けそうだぞ!!」とか言って、
ルールにはないタイミングでショートエントリーをしてしまうんです。


結果、それは下がりきった後だったりして、上昇に転じて一気に含み損になるんです。
ルールの大切さについては以前お話ししたので、いかに重要か、これを読んでください。

儲かる機会を逃したくないメンタルの問題

例えば、何もポジションを持っていなくて相場を静観していた時、
チャートを見て「あ、これは上がりそうだな!」と思いつつも何もポジションを持たずに放置していると、
実際にグイグイグイグイ上がっていくことがあります。

それをみて、「しまった!やっぱりあの時にエントリーしておけばよかったぜ!!」
と後悔してしまうんです。

本来は、ルールに合わないポジションは持つべきではないので、ポジションを持たなくて正解です。
後悔する必要も全くないんです。
しかしここで後悔してしまうと、次から自分が「上がりそう」と思った時はすぐにエントリーするようになってしまうんです。

儲かる機会損失をしたくない、という思いから上がりそうor下がりそうな時にどんどんエントリーを繰り返すんです。
たとえ損失が出てもそれには目もくれず、儲ける機会を逃さないことだけを考えてしまうんですね。

結果、トータルでみた時に大負け・・・・
いいことなしです!

これも本質は、ルールを守らないことによるものなのです。

ポイント

ポジポジ病になってしまうのは、欲望に負けてしまったトレーダーがルールを無視してなんどもトレードを重ねてしまうことが原因なのです。

ポジポジ病を克服できないトレーダーに待ち構えていること

ポジポジ病の本当の怖さは、負のスパイラルに陥った時です。

軽い気持ちでルールを無視したエントリーをして損失が出た場合、それを取り戻そうとしてまたむやみなポジションを取ってしまいます。

そうするとまた損失が出て、また取り戻そうとして、ルールを無視してエントリーして、損失が出て、さらにそれを取り戻そうとして・・・。

資金をすべてとかしてしまいます!
気づいたら退場です。退場!!

軽い気持ちでルール違反して大事故、まるで交通事故ですね。

僕も何度もこの負のスパイラルに陥ってしまい、損失を膨らませまくったことがあります。

まぁその時はロット数も少なかったですから、金額的には大したことはなかったですが。

ムキになっている自覚を持った時にはもう遅い。ものすごいお金を溶かしてしまっているのが、ポジポジ病の恐ろしさなのです。

ポイント

ポジポジ病を直さなければ、口座資金を何度も溶かしてしまう可能性があるので、早めにこのクセを治すようにしよう。

FXにおけるポジポジ病の克服方法

ではどうしたらポジポジ病を克服できるか、僕の体験談をもとにいくつか書いておきます。

勝てる自信のあるルールを持つこと

もう何回も言いますが、ルールが全てです。上がりそうとかそういう気持ち的なものは全て排除するべきです。

一概にルールといっても、ただただトレンドフォローに習ったルールを適当に使う、などはしないほうが良いでしょう。

ポジポジ病のことを考えていないルールなどを使っても意味がないからです。

そのためにはじぶんのルールに絶対的な自信を持たないといけません。
自信を持つためにはどうすればいいか。
自分のルールを用いて過去1~2年分のチャートでテストをしてみるのです。
その結果、トータルでプラスが出たならそのルールは正しく機能する、自信の持てるルールとなるでしょう。

自信のあるルールがありさえすれば、あとはそのルールに従ってトレードするだけで儲かることは分かっているので、むやみやたらにエントリーするポジポジ病は自然となくなっているでしょうね。

・・・・・・といっても、そんな簡単に自信の持てるルールはなかなか無いのも事実です。

そこで、すでに20年分のチャートを検証した手法を用意しています。かなり信頼性のあるトレード手法なので、もし自分のトレード手法をなかなか見つけられていない場合は、こちらの手法をお使いください。

日常全てにおいてルールを守るクセをつけること

自信のあるルールを持つと同時に、日常の生活の中でも小さなルールを作ってそれを実践することで、自分ルールを守る練習にもできます。
もう、1日中FXのために行動してください。笑

とは言っても、簡単なルールでいいです。
ご飯を食べたあとは必ずすぐに食器を洗うとか、
トイレをしたあとは必ずふたを閉めるとか。
とにかく今まではやっていなかったことで、新しい生活ルールをつくって、ひたすらそれを守るんです。

そうすると、ルールを守らないと気持ちが悪くなってくるんですね。違和感というか。

自分で作ったルールを守るクセをつけて、体に染み込ませるんです。

体にそういうクセが染み付いてしまうと、もはや無意識にルールを守れるようになります。

以上が、私自身が経験したポジポジ病の克服方法です。
むやみやたらにエントリーすることをやめて、ルールを守るだけで収益はプラスになるんです。

簡単にいうとそれだけです。そのためにも一刻も早くポジポジ病を治しましょう。

ポイント

自信の持てるルールを持つには、検証済みのルールを使うようにすること。そしてそれを使って日常から徹底的にルールを守るクセをつけることが大切!今日からチャレンジしよう!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する