バイアスを自覚しよう

前回は水平ラインの引き方について少し考えてみました。

水平ラインの引き方をもう少し深く考えてみる

こういうラインを引いたり、移動平均線などのインディケーターを使ったトレードには

バイアス(思い込み)によるトレードが付きまといます。

今回は、そのバイアスについて考えてみましょう。

バイアスは誰にでもある

さて、バイアスとは何でしょう。

簡単にいうと、思い込みのことです。

例えば、このチャートをみてみます。

赤い水平ラインが引いてあり、そこまで上昇して一旦値動きが少しだけ押してきています。

だいたい水平ライントレーダーの方はこれを見てすぐにレジスタンスされたと思い込み、

すぐにショートポジションを取りがちです。

「これだけ上がったんだから、さすがにもう下がらないだろう」

こういう考えになるんです。

しかし、相場にはこれだけ上がればこれだけ下がるというルールはありません。

続きのチャートの動きを見てみましょう。

赤い水平ラインを上抜けて、さらに上昇していますね。

ショートポジションを取っていた方は見事に資金を焼かれてしまいます。

しかもまだ諦めないぞ!!

といって損切りができない方は、さらにたちが悪いことに、どんどん資金を減らしていくことになります。

そういった経験、ありませんか?

こうして損を膨らませてしまったら、あとは

「この方法は使えない! 別の方法を探すんだ!!」

と言って、他の方法を試してまた損をだす。。。

この繰り返しになってしまいます。

バイアスを自覚しよう

ではどうしたらいいか。

まずは自分にバイアスがあることを自覚することから始めましょう。

あなたの全てのトレードはバイアスがかかって行われているものです。

損小利大という言葉をご存知だと思います。

損切りは早く、利益は伸ばして。ということですね。

全てのトレードにバイアスがかかっているのであれば、ほとんどのトレードは損切りに終わります。

その損切りは早い方がいいので、早めに損切りをしましょう、というのが損小利大の考え方です。

まずは自分のトレードは全部バイアスがかかっているということを自覚すること。

これができればまず一歩前進です。

じぶんのトレードに疑いを持つことができるようになります。

これからのトレード、まずはこれを心がけてみましょう。

これだけで成績が格段によくなるわけではないですが、成績アップの足がかりになることは

確実です。

これから、具体的なトレードの内容について書いていきたいと思います。

まずは損が大きく膨らむ傾向のある人に向けてこんな記事を書きました。

手法は大事じゃない!? なぜか大きな損がでてしまう人が読む記事

ぜひご覧ください!!

FXトレーダー大学では、トレードに使えるツールとしてGSISというサポートツールを提供しています。ぜひ使ってみてください。トレード生活が一気に変わること間違いなし!詳しくはこちら!

FXトレーダー必須のインディケータ「GSIS」

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する