FXライントレードの真理!水平ラインの引き方と勝てる考え方を公開!【初心者の勉強に役立ちます】

今回は水平ラインの引き方・考え方について書いていきます。

チャネルラインだとかペナントだとか、斜めの線よりも、水平ラインが一番わかりやすいので、FX初心者の方も水平ラインを引いてみることから始めると良いですよ。

水平ラインを使ったFXトレードで、利益を出せているのは以外と少ないのが実情です。

しかし、ちゃんとおさえるところをおさえてトレードするとしっかり利益を出せるようになります。

この記事を読んでわかること 水平ラインの引く時に考えるべきことと、引き方がわかります。さらに、水平ラインを使ってトレードする際に、どのようなことに注意したらいいのかが分かります!

水平ラインを引くにあたり、レジサポラインについても意識しておかなければなりません。

レジサポラインとは何か、どのように考えたらいいのか知っていますか?

曖昧な方はこちらのレジサポラインについても理解しておきましょう。

FXライントレードの代表格!水平ラインを引いてみよう

ライントレードの準備:水平ラインを引く時の考え方

さて、まずはこちらのチャートを見てみましょう

AUDCHFの日足チャートです。

こちらのチャートを見たときに、斜め線も入れると色々なラインの引き方が考えられます。

が、とりあえずライントレードの代表格でもある水平ラインで、ラインを引くことを考えてみましょう。

高値と安値を考えるとこんな水平ラインが引けますね。

途中かなり大きな下ひげが出ていますが、こういうどうみてもイレギュラーな動き方をしているのは無視します。

さらによく見てみると、若干水平ラインからローソク足がはみ出しているのもお分かりでしょうか。

こちらの青色で丸をつけた部分です。

こういうのを見ると、

「なんだこの水平ラインは機能していないんじゃないのか??」

なんて思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。割とここで混乱してしまうトレーダーが多いのも事実です。

「水平ラインがピタッと引けるところを探そう!!」

そんな風に考えてしまうと、迷宮の中に入ってしまいます。

水平ラインを引くときは、これくらいローソク足がはみ出ていたり、若干届いていなかったりしてもいいのです。

厳密に従う水平ラインを見つける事に時間をかけるよりも、だいたいの感覚でラインを引いてみて、相場をみるのが大事なのです。

そもそもFXは全世界中のトレーダーが参加する相対取引なので、

水平ラインでピターーーーーーーーと値動きが止まるという法則は存在しません。

FX業者によっては呑み行為があったり、若干チャートが滑って大きなヒゲをつけたりすることがありますからね。

そういうピタッとハマるラインを引くようにしたいという考え方をしていたら、いつまでたっても水平ラインを引けないですし、トレードもできません。

あくまでも水平ラインを引く目的は

ここら辺でレジスタンス or サポートされる可能性が高いぞ!!!

という目安を見えるようにするためなのです。

「ライン」という表現にするからそこでピターっと止まる気がしますが、実際は「エリア」という考え方にしておくべきですね。

多くのトレーダーにとって、意識されやすい価格帯を捉える、という方法がラインなのです。

FXでライントレードをする際の重要な考え方

改めて例を見ながら考察していくために、先ほどのチャートをもう少し俯瞰して、長いスパンでみてみましょう。

こちらがそのチャートです。これまで引いていた水平線も残しておきます。

今まで引いていた水平ラインは、過去まで遡ってみると必ずしもそのラインの中で値動きしているわけでなないことに気づいたと思います。

このように、ラインを引いていたとしてもそのラインで必ずしも反発するとは限らず、いつかはラインをブレイクしてしまいます。

水平ラインを引いていると、そのラインで反発するものと思い込みがちなのですが、そういう思い込みは捨てた方が良いでしょう。

水平ラインでの反発だけを狙ったトレードには、十分な検証を行ったトレード手法が必要になります。

ではなぜ、水平ラインを引くのでしょうか。それは、直近で意識される価格帯をあらかじめ知っておくためです。

例えば、含み益が出ていたとして、その意識される価格帯に近づけば、反発を警戒して利益確定をしておくなどすることができますね。

水平ラインで反発を狙ってトレードする、というよりは、意識される価格帯を知っておくという観点で水平ラインを引くようにしましょう。

それでも水平ラインをエントリー根拠としたい場合、ちゃんとテスターを使って検証をするようにしましょう。

テスターにはこちらをお使いください。

ポイント

ラインを引く時は、ピタッとハマる綺麗なラインを引こうとするのはやめておこう。水平ラインでもチャネルラインでも、大体の傾向を掴むためにラインを引くのです。

FXライントレードをするにはラインの弾き方に工夫が必要

さて、今回は簡単に水平ラインについて書いてみました。

ラインを引くと、そのラインで反発を狙ってトレードをするように考えがちです。

これまで説明してきた一般的な水平ラインの引き方に従ったトレードでは、なかなか利益を出し続けるのが難しいのが事実です。

先ほど説明したように、あくまでライン(水平ライン・チャネルラインも含めて)は、意識されやすい価格帯としての参考値でしかありませんからね。

かといって、ラインが全く使えないというものでもありません。

ラインを引くに当たって、とある工夫をしなければうまくトレードすることはできないのです。

多くのトレーダーは、これを知らずにトレードを繰り返してしまっているので、かなり多くの損失を出してしまうのです。

この、ラインの引き方を工夫したトレード手法はこちらに公開しています。

ラインをとある工夫をしたポイントに引いてトレードすることができます。

どこにも公開されていない考え方なので読んでおきましょう。

ラインを使ったトレードでストレスを抱えることなくトレードしませんか?

ポイント

ラインを引くには、十分な過去検証を行った引き方が必要。がむしゃらにラインを引いたら良いわけではないので注意!ラインを引いた後も、それをどのように使ってトレードするのか、工夫をしなければならない。そして検証を行って初めてライントレードができるようになる。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する