コツコツドカンを克服するFXトレード手法の考え方【FX初心者が勉強しておきたい手法の重要要素】

大きな損をなぜか出してしまうトレーダーさんに向けてのお話です。

コツコツドカン!とも言われる、FXで誰もがやってしまう最悪のあるあるです。

新しい手法を試してみて、少しずつ利益がでてきたと思って嬉しくなっていた途端に、大きな損を出してしまって混乱してしまうことはありませんか?

そしてその混乱のまま、損を取り返そうとしてさらにトレードを繰り返してしまい、、、

気づいたら大損。。。

そして新しい手法探しの旅に出る。。

それは、トレード手法に対する考え方に、足りない部分があるからなのです。

この記事を読んで、手法に対する考え方を一新し、トレードの成績アップにつなげましょう。

この記事を読んでわかること FXトレードにおいて初心者なら誰しもが避けられないコツコツドカン!これを克服するためのFXトレード手法に対する重要な考え方をお伝えします。

コツコツドカン!FXトレードでなぜ起こるのか

トレード手法に対する考え方に足りないポイントがある

まず、結論をいうとエントリーに関する手法それ単体ではそれほど重要ではないです。

何を言っているんだこいつは!!と思われるかもしれませんが。笑

もちろん優位な位置でエントリーできるような手法はあった方がいいです。

ですが、エントリーすることだけを、つまり優位な位置でエントリーできるようになる手法だけを追い求めているだけではいつまでたっても負け続けます。

ほとんどの方がエントリーだけに焦点を当てた手法を追い求めているので、

ほとんどの方は負け続けているわけです。

もう少しいうと、最悪なんの考えもなしに適当なときに適当なエントリーをしても、

利益を出し続けることはできるのです。

これは実際に実験として行われて証明されてもいるので、まやかしでもなんでもありません。

まぁこれは極端すぎますから、エントリーの手法それ自体を考えることは非常にいいことですが、

ここで言いたいことは、エントリーするポイントだけを考えていては、これからずっと勝てることはできないということです。

他に、もっと重要な要素があるわけですね。

FXトレード手法にはエントリーの他にも重要な要素がある

ひとくちにトレード手法といっても、エントリー以外にも大切な要素はたくさんあります。

どうなったら損切りするのか、どうなったら利益確定するのか。

どれくらいのロットでエントリーすればいいのか。

このように、トレード手法はエントリーだけでなく、その先のことも見据えたものでなければなりません。

FX初心者のうちは、エントリーのことだけを考えがちなのですが、その先のことまでが明確になってから初めて、エントリーをかけることができるのです。

これをトレードプランと呼びます。

ポイント

FX初心者はエントリーするポイントばかりに気が向きがちで、その後のことを考えられていないことがよくあります。これがコツコツドカン!の第一歩。コツコツドカンを克服するためには、トレード手法を正しく組み立てる必要があります。

コツコツドカン!を克服するためのFXトレードの考え方とは

エントリーポイントだけを考えてたらコツコツドカンになる

エントリーよりも大事なのは「ポジションの大きさ(ロット)」と、「決済タイミング」の2つです。

ポジジョンの大きさは損益の大きさに直結しますから、重要なのは当たり前ですね。

ロットの大きさに対する考え方については、こちらの記事で紹介しています。必ず読んでおきましょう。

そしてエイントリーよりも大事な要素のもう1つは、決済タイミングです。

こちらの方法を考えていない方が圧倒的に多いのが現実です。

「だいたいここら辺まできたら決済しよう」

とか、漠然と考えたままSL(損切り: Stop Loss)ラインもちゃんと入れずにエントリーしていないでしょうか?

それで、実際に想定していた損切りラインまで価格がきたら、

「どうせ戻るだろうからもうちょっと待ってみるか」

「絶対これから逆方向に動いて利益が出るはずだ!」

という考えで、なかなか損切りができない。という人も多いはずです。

それで大きな損がでたからと言って、また次のエントリー手法を探していては、

いつまでも大きな利益は出ません。

そうです、あなたが考えるべきはエントリーのポイントではなくて、損切りのポイントの方なんです。

深く考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。。

エントリーする際に、明確な損切りラインを設定して、

そこに逆指値を入れておかないといつまでたっても負け続けます。

そして、その損切りラインにもし到達した際に発生する損失金額が、

全体の資産の1~2%ほどになるようにポジションの大きさを決めるのです。

例えばドル円でトレードするとして、

損切りラインをマイナス10pipsの所にとるとしましょう。

今資金が10万円あるとすると、その1%は千円ですね。

なので、マイナス10pipsで千円の損失になるようなポジションの大きさにするわけです。

いかがでしょう?これが損小利大の第一歩です。

まずはひたすらこれを継続すること。

エントリーの時点で損切りラインに逆指値をちゃんと入れること。

徹底的にこれを実施しましょう。

むしろ、これができていないのにエントリーをしてはいけません。

利益がなかなか出せなくても、エントリー場所を探す旅に出るのはやめて、損切りについての明確なルールを考えてみましょう!!

エントリーのポイント、損切りのポイント、利益確定のポイント、ロットの大きさ全てについて明確に定義されている手法も公開しています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。20年分のチャート検証を行なっており、かなり信頼性の高い手法です。

手法はメンタルよりも大事ではないですが、それでも優秀な手法を使うべきなのは自明のことです。

手法について、ちゃんと要素分解して考えていきましょう。

これができればコツコツドカンにあうことなんか無くなります。

ポイント

コツコツドカンを克服するためには、エントリーするポイントを探すだけではなく、損切りするポイントも探すようにしないといけません。これができればコツコツドカンの克服に大きく近づくことができます。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する