2020.06.26

FXでロット(Lot)数を適切に管理してトレードする方法!勝てるようになるための道のりに必須!

FX の利益はロットの大きさによって決まってきます。

このロットを決める時には、現在の証拠金と損切り幅とを照らし合わせて、万が一損切りになったとしてもどれだけの損失でおさえるべきかという計算のもとにロット(Lot)が決められます。

そしてこのロット(Lot)の大きさはどんどん大きくしていかなければいつまでたっても FX で利益を上げることができません。

すごく頑張ってもロット(Lot)の大きさがすごく小さければ、 利益が出たとしても1000円とかそんなお小遣いレベルの利益になってしまいます。

しかし、 ロット(Lot)を上げていくことによって利益は簡単に大きくすることができます。

この記事を読んでわかること FXトレードにおいてロット(Lot)を適切に管理することは必須のテクニックです。この記事を読めば、ロット(Lot)を適切に管理しつつ、ロットを上げてトレードで大きく稼ぐまでの道のりがわかります。

FXでロット(Lot)数を上げていくのは至難の業!?

ロット(Lot)数を上げていくにはかなりのメンタルのコントロールが行き渡っていないと至難の技です。

だってトレードのスキルが未熟なうちに、ロット(Lot)数をあげてしまうと、 あっという間に大きな損失を出してしまいます。

そしてその損失はあなたの人生すらも転落させてしまう可能性もあるのです。

よく  FX で借金地獄になってしまった人をネット上で見かけることがあります。

その方はこのロット(Lot)管理つまりは資金管理がちゃんとできていなかったがためにそうなってしまうのです。

ちなみにメンタルコントロールについては、記事下部のメルマガ登録いただければ毎日メルマガで無料講座を開催しています。この機会にメルマガ登録は必ず行っておきましょう。

逆に言うと資金管理をちゃんとしてロットを上げていけば安定して利益を上げることができます。

そしてロットを2倍にするだけで利益も2倍になるのです。

これから、どのようにロット数をあげていけばいいかその考え方について説明していきます。

ポイント

ロット(Lot)の大きさはメンタルに直結する要素!ロット(Lot)を適切に管理しながら上げていくことで、大きな利益も狙えるのがFXトレード!

まずはFXトレードにおける自分の限界のロット(Lot)数を知ろう

まず自分の限界のロット(Lot)数を知るということから始めましょう。

普段からトレードを繰り返している人はまずロットを どれだけあげたら普段と同じようなトレードができなくなるかを実験してみてください。

例えば、毎日0.05 ロット(Lot)でトレードしていた場合、 0.1に上げてみるということをしてみてください。

 そしてそのロットで普段と同じようなルールに従ってトレードをすることができて、 さらに損切りにあったとしてもその次のトレードまで冷静でいられることができれば、 まだまだ自分の限界には来ていないことがわかります。

重要なのは損切りにあった時に、 その次のトレードまで冷静に対処することができるかという点です。

ここで損切りにあった後に、 ちょっとでもルールを変えてしまったり無闇やたらにすぐエントリーをかけてしまうようでは、 そのロット(Lot)はあなたにはあっていません。

最も、 ロット(Lot)数を上げるかどうか、あげることができるかどうかは資金管理がどれだけうまくできるか、トレードの手法において損切り幅をどれだけ多くとるか、などなど、色々なことが 関わってくるので、一概には言えませんが、 今回はロット(Lot)だけに焦点を当てて考えてみます。

ポイント

まずは自分の限界ロット(Lot)を知ることが、ロット(Lot)を適切に管理できるようになる近道!ハラハラドキドキしてしまうということは、ロット(Lot)がまだ大きすぎるということ!

FXトレード手法が安定してきたら資金を投入してロット(Lot)数を上げる

まずロット(Lot)数を増やせるかどうかの判断は、手法が安定していることが大前提です。

手法が固まってないのにそもそもロット(Lot)数を上げるかどうかなんて考えることはできません。

だって固まっていない手法やメンタルコントロールのままロットを増やし続けることは非常に危険だからです。

それこそ FX において借金地獄に陥る可能性が高いのです。

FXトレード手法はメンタルにも直結する大切なトレードテクニックでもあります。

20年分のチャート検証を行い、信頼できるトレード手法はこちらにあります。まだ手法が固まっていないトレーダーさんはこちらの手法をお使いください。

変な商材を買うこともなくなるでしょう。

さて、 少し話が逸れましたがトレードの手法が安定してきたら次は資金を投入して少しずつロット(Lot)数を増やしていきましょう。

資金を投入せずにロット(Lot)数を増やすことはできません。

なぜなら、 最初に申し上げたようにロットの大きさは損切り幅と口座の資金の大きさによって決まるからです。

1回のトレードにおいて受けられる損失額はトータル資金の中の5%程度にとどめておくのが無難です。

なのでどのようなトレードでもこの資金管理のルールは守らなければなりません。

ということはロット(Lot)数を増やそうと思ったら、同じ手法を使ってトレードする限り、損切り幅はそんなに小さくできないので、 資金を投入していく必要がありますね。

まずは資金を投入することによってロット(Lot)を増やして行く準備をしていくということです。

当然のことですが、資金を投入する際は自分の必要最低限の生活費は 残しておかなければなりません。

借金をして資金を投入することなんて論外です。

生活費を残して生活の安全を保った上でかつ借金をせずに資金を投入していくことが大切です。

この資金投入のルールはどこの本を見てもどこのネットページを見ても書いてあることですが改めて再認識しておくようにしてください。

割とさらっと書いてあることですが、このルールを破ってしまった瞬間トレードの質は一気に転落することになります。

ポイント

安定したトレード手法を身につけたら、徐々に資金を投入していきましょう!これがトレードで勝ち組になるための大前提の準備になります。

ロット(Lot)数適切に管理することが勝てるようになる必須のテクニック

資金投入ができるようになったら、次はいよいよトレードでロット(Lot)数をあげていく番です。

ロット(Lot)数を上げてトレードしていくと、 最初のうちは動く資金の大きさにかなりドキドキしてしまうことでしょう。

しかしそれでも自分のトレードルールをちゃんと守ってトレードを行うように心がけてください。

トレードルールをちゃんと守れたら、 だんだんとそのロット(Lot)数で慣れてきた 証拠です。

そのロット(Lot)数が当たり前になるまでひたすらトレードを繰り返していきましょう。

これが、FXで勝てるようになる道のりでもあります。逆に、これ以外勝てるようになる方法はありません。

そして当たり前になった時に気を抜くのではなくて、 もう1度トータル資金を増やすことに注力しましょう。

そして口座の資金を投入し終えたら、 次はさらに大きなロット(Lot)でトレードをして慣れるまでそれを繰り返すのです。

このサイクルを作り終えることができれば、あとは ずっと同じ手順で資金を増やしてロットを増やしてを繰り返していくだけです。

どんどんどんどん自分が成長していることが手に取るように分かり、 さらに気づけば1万単位のトレードが数十万単位のトレードになっていき、 やがて数百万円単位のトレードをすることができるようになるのです。

ここまで行けば、 後は FX で生計を立てて大きな資金を勝ち取ることができるようになるのです。

皆さんもこのビジョンをしっかりと持つようにしてください。 ただの夢なんかではなくて、現実にするために強く強く、この意志を持つようにしましょう。

強く意識することで、それは必ず現実のものになります。

アナ雪の歌ではありませんが、「自分を信じて」頑張りましょう。僕も皆さんを応援します。

ポイント

資金投入がある程度できて、トレード手法も固まってきたら、いよいよロット(Lot)を上げていくフェーズにきます。ロット(Lot)を上げてどんどん利益を増やしていきましょう。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する