2020.06.18

移動平均線を使ったシンプルトレード これに着目せよ!

こんにちは! 今回は具体的なテクニカル分析の中でも移動平均線について説明していきます。

移動平均線はとても奥が深くとてもを一つの記事は説明しきれない部分が多いので、 何回かに分けて僕が考えている移動平均線理論を説明させていただきます。

まず移動平均線なのですけどこれは、 皆さん FX をやられている方なら誰でもが知っているようなテクニカルインディケーターではないでしょうか。

FX を始めたときにまず最初に目にするのがこの移動平均線です。

どんな FX の教科書にもこの移動平均線についてがまず最初に書かれており移動平均線を使ったトレード手法も解説されています。

しかし実際に移動平均線を使ってトレードをしている方は少ないのではないでしょうか。

移動平均線を使うとうまく利益を出し続けられるトレードできるように思えますが、 初心者の方が何も理解せずに入門書だけを見て移動平均線を使ったトレードをしても勝てるようにはなりません。

移動平均線について深く理解をできていないのが原因です。

まあその他にも、 FX トレードで必要な考え方立ち振舞い方について理解していない総合力が不足しているということも原因に挙げられますが、 今回は移動平均線のテクニカル分析に関して焦点を当てて説明していきたいと思います。

そしてよく EMA 、SMA などどの移動平均線を使ってトレードをしたらいいのかよくわからないという方も多いのではないかと思います。

答えとしてはどのタイプの移動平均線でも別に何でもいいのですが、 この本当の意味を理解いただくにはまずは移動平均線について深く考えて理解を進めていく必要があるのでここではあえて細かく移動平均線のタイプについて焦点を当てて説明することはしません。

ある程度僕が記事を書き続けて理解いただけるレベルになった時点で説明したいと思います。

僕が頑張って記事を書けるようにどうか応援をよろしくお願いします。笑

移動平均線とはなんなのか

移動平均線を使ったテクニカル分析トレードについて考えるためには移動平均線の正体を知っておく必要があります。

では移動平均線とは一体何者なのでしょうか。

計算方法はその言葉の通り、 現在から過去の指定した期間において値動きの平均が どこに あるのかを示す曲線のことを指します。

この計算方法については、 ある程度 FX をやられている方ならご存知だと思いますので詳しくは説明しません。

移動平均線はどのような意味を持つか、それについて考えてみましょう。

この曲線はある一定期間の平均を表す曲線なので、

移動平均線よりも相場が下にある場合は、 ショートをもっている人が 平均的に利益を出せている状況であると言えます。

逆に、 移動平均線よりも相場が上にある場合、 ロングのポジションを持っている人が平均的に利益を出せている状況であると言えます。

ここまでは割と色々なネット上に書かれていることが多いのですが、 正直だからどうなんだ、 トレードにどのように使ったらいいのかよく分からない。

という考えに至って しまう場合の方が多いのではないかと思います。

確かに移動平均線よりも相場が下にある場合はショートをもっている人が利益を出しているという状況なのは変わりありません。

だからといってすぐにあなたがショートポジションを取れるかと言うと実際はそのようなことはできないはずです。

もしレンジ相場ならすぐに上がってくることになるでしょうし、 上がってきた場合の損切りポイントも明確でないパターンの方が多いからです。

結局 、ショートポジションを持ったとしても損切りするタイミングを見逃して大きな損失を出してしまうことの方が多いのではないでしょうか。

そしてそういうケースを経験したトレーダーさんは「移動平均線は使えないものだ」という レッテルを貼ってしまうのです。

移動平均線は、実はそれだけではありません。

もっとちゃんとパターンに分けて分析をすることで移動平均線だけあればトレードで利益を出し続ける事が出来るようになります。

これから徐々にお伝えしていきますね!!!

まだまだ話し足りないことがいっぱいあるのですが、この記事では、 何に着目すればより視野が広がるのかについてさわりの部分だけでも紹介しておきたいと思います。

移動平均線の角度に着目せよ!

こう書くと「なんだそんなことかよ」 思われてしまうかもしれませんが、 僕が非常に大切にしているのはこの移動平均線の角度なのです。

簡単に言ってしまうと角度に着目しているのですが、 もう少し細かく説明すると角度が今後どのようになっていくかについて着目してトレードを行っています。

移動平均線が右肩上がりになっている時は、 上昇トレンドが発生していると考え

さらに横ばいになってきた時にはレンジ相場になっていると考えます。

さらに右肩下がりになっている時は、 下降トレンドが発生していると考えています。

ものすごくシンプルで馬鹿らしいと思えるかもしれません。

しかし僕のような平凡トレーダーはシンプルに考えて、 相場と戦っていく必要があります。

そのためこれくらいシンプルな方が頭の弱い僕でも分かりやすいのでちょうどいいのです。

これだけじゃ勝てないと思われるかもしれませんがそんなことはありません。

インディケーターに関してはこの移動平均線を一本だけ表示させて今後の相場がどうなっていくかを読み取り、 トレードしています。

そして Twitter でも書いていますが、 安定して利益を上げ続けることができています。

この角度についてどのようなことに着目してトレードを行っているのか、 についてはこちらの記事で説明させていただきますね!

移動平均線について語っているうちにだいぶ長くなってしまったので今回はこれまでとします。

ではまた!!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する