2020.06.17

トレードノートを簡単に作るにはこれが最高だ!!!

こんにちは!

以前はトレードノートをどのように毎日つけていくかについて、 ポイントに絞って説明しました。

以前の記事はこちらになりますので、 まだ読んでいない方はこちらの記事から必ず読むようにお願いします。

トレードノートを毎日つけていくためには、 毎日つけられるだけの方法を取っていかなければいけません。

今回は僕がオススメするトレードノートの付け方を説明していきます。

トレードノートは何のためにつけるのか

皆さんはなぜトレードノートつけるべきか、その目的はしっかりもっていますでしょうか。

ただただトレードノートをつけるのがいいと言われているから、 専業トレーダーがそう言っているからトレードノートをつけるのでしょうか。

まずはトレードノートをつける目的をしっかり持つようにしてください。

トレードノートをつける目的は、

日々繰り返していくトレードの中で改善ポイントを 洗い出すためです。

自分のトレードのどこが悪いのかどこを改善すればもっと成績が上がるのかこれは記録をしっかりとつけていないと誰もわかりません。

自分のトレードの悪い点改善ポイントが分かれば、それはトレードの成績の向上に直結します。

トレードの成績が向上すれば、 単純に FX で稼げる金額がどんどん増えていくことになります。

FX はお金を稼ぐためにやるものですから、 お金を稼ぐための手段を考えなければなりません。

そしてお金を稼ぐための手段は FX で言うどのようなトレード手法を取るかということになります。

そのトレード手法がいいものなのか悪いものなのか、 つまり成績が自分の納得のいくパフォーマンスを出してくれるのかどうか、 これが最大の肝になってきます。

それを知らずに FX トレードを重ねていくことは、稼げる手段かどうか分からないのに、確信しないのにただただ闇雲にトレードを進めているのと変わりありません。

 FX はよく会社経営に例えられます。

会社経営もお金を稼ぐためにやりますし、お金を稼ぐためにある程度のコストをかけます。

 FX でいう損切りはこの会社経営で言うコストに値し、 さらに FX はお金を稼ぐためにやっていきますね。

会社経営と全く同じ構造になっているのです。

会社経営をするにあたって、 どのような手段でお金を稼いでいくかそしてその手段はどんだけのコストがかかる手段でどれだけの売上が上がるような手段なのか、 明確にしておく必要がありますね。

さらに会社経営をするにあたってどのようなお金の出入りがあったのか、 会計記録を取るように求められます。

その会計記録では、 どのような取引があってどれだけ売り上げを上げてどれだけコストがかかったのかがわかるようになっています。

FX でいうトレードノートは、まさにこの会社経営の会計記録にあたるものです。

トレードノートを一切つけないのは、会社の会計記録を全くつけないのと同じことです。 これがどれだけ論外なことなのかお分かりいただけるでしょう。

ということでトレードノートは必ずつけなければなりません。

しかし兼業でトレードをやっていると、 なかなか思ったようなトレードノートがつけられないはずです。

皆さんも経験があるのではないでしょうか。

そこで、出来るだけ毎日トレード ノートをつけるためにどうすればいいのか冒頭の記事で説明させていただきました。

僕がどのようにこのトレードノートをつけているか、 あくまで参考程度にご覧ください。

僕も兼業でやっていた時は、 仕事が忙しくてなかなかトレードノートに手が回りませんでした。

そこで編み出した方法がこちらの方法になります。

トレードノートはTrading Viewを使おう

Trading Viewは有名なトレードツールなので皆さんもご存知でしょう。

ブラウザやアプリケーションベースでチャートを確認でき、 さらにいろいろなテクニカル分析ツールが揃っているチャートソフトです。

このTrading Viewには、 チャート上に吹き出しをつけてメモを記述 できる機能があります。

あくまでサンプルですがこちらの画像をご覧ください


こんな風にしてチャート上に吹き出しをつけてメモを取っていくことができるのです。

ここで吹き出しを入れられるという点は非常に優れているのです。

何より、チャートのスクリーンショットを撮ったりして メモ に転記したりする必要がなくなるのです。

そしてどのポイントでエントリーをしたのかどのポイントで利益確定をしたのかチャートの上に落書きをする形でノートをとることができるのです。

ある程度吹き出しがたまってきたら、後はそのスクリーンショットを保存しておけば一定期間のトレードノートを簡単に取ることができます。

しかもこのTrading Viewでは、 いろいろな会社の FX チャートが見られるので、トレードノート用のドル円のチャートを 決めてノート を取るためだけのチャートを作成できるのです。

実際にトレードするときは、 他の FX 会社の同じドル円のチャートを見ながらまっさらな状態でトレードをすることができます。

 つまり、 吹き出しが邪魔になることは なくなるのです。

毎日その時点で思ったことをチャートの上に吹き出しをつけてメモを取っておくことで、 後になって簡単に見返すことができますし反省や改善ポイントも見えてくるはずです。

僕は兼業トレーダーの時に、 この方法をとることで無理なくトレードノートをつけることができましたし、 都度都度反省をしてトレードの改善を重ねることができました。

方法はお勧めですのでぜひご活用ください!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する