2020.06.10

トレードノートをつけるのは面倒!継続するために心がけること

こんにちは!FXをやる上で大事になってくるのがトレードノートをつけることです。

今やどんなサイトをみてもトレードノートをつけることが大切だと書いてありますね。

しかし、頭の中ではノートつけることが大切だとわかっていても、なかなかとれないのも事実です。

今回はそのノートのつけ方について実際にボクが実践している方法を紹介します。

トレードノートはなぜ面倒!?

なぜトレードノート作るのがめんどくさいのでしょうか。トレードノートと聞いて皆さんはどの様な記録をつけることを思い浮かべるでしょうか。

トレードノートに書くべきことはこんなにある!

だいたいの人が思い浮かべるのは、どのようなチャートの時にどのようなエントリーをかけて、それはどういう理由でエントリーをしたか、そしてさらにその結果がどうなったか。

損切りになった場合はどのように損切りを行ったか、利益確定ができた場合は、どのタイミングで利益を確定したか、そしてその結果は狙った通りのトレードになったかどうか。

狙った通りのトレードにできたのならどう考えたからそうできたのか、できなかったのなら、いつどのようなタイミングでどのような考えに至ってできなかったのか。

次のトレードで狙った通りのトレードができるようにするためにはどうすればいいのか反省ポイントを書き出して改善するポイントを洗い出す。

少なくともこれだけのことをトレードをするたびに毎回記録をつけていかなければなりません。

トレードノートが三日坊主になるのは当たり前!

考えてみてください。1日に何回もトレードをおこなう方もいます。少なくとも1日に1回はトレードを行う方がほとんど出てこないでしょうか。

という事は毎日毎日、先ほど述べたような内容をノートに記していかなければならないということです。

今まで毎日やろうとしてできなかったことを思い浮かべてください誰しも三日坊主の経験があるはずです。

例えば家計簿。最初は毎日つけるぞとウキウキしていたはずです。でも1ヶ月続けられる人はとても少ないと思います。

その日に使ったお金を、その日に記録をするということだけでも続けられる人はとても少ないのです。

ということはですよ、先ほど書いたような反省点を毎日記録をとることなんて不可能に近いのです。

検校でトレードしている方にとっては尚更不可能に近いでしょう。仕事が終わって夜ご飯を食べてお風呂に入ってチャートを見ながらトレードの機会をお伺い、さらにそれが終わったらトレードノートをつける。

トレードノートには、もちろんその日のチャート自体も貼り付けておかなければなりません。あとで見返したとき、どのようなチャートの形の時に、どのようなクセがあるのかを見抜かなければならないからです。

ノートにチャートを貼り付けることだけでもとてもタイヘンですよね。

こんなことが出来るならすでに専業トレーダーになれてます。だって記録をつけて反省をして改善していくことこそがトレードで1番大切なことだからです。

現実的にトレードノートつけることは不可能と言えるでしょう。

トレードノートをとり続けるには

できないものはできない!

トレードノートを毎日つけるのがどれだけ難しいことか、皆さん身をもって感じてことでしょう。

そして僕がこれまで説明してきたとおり、トレードノートを継続して書き続けるのはとても難しいことだと理解してもらえたと思います。

ただ単純に記憶の問題だけだと言えばそうなのですが、この問題は「甘えるな!」の一言で済ましてしまうと結局どうすればいいのかわからなくなってしまいます。

できないものはできないし、必要だとわかっていても、よほどすごい人でない限りは難しいのです。

僕はあくまで平凡な人の目線で書いていますし、僕自身もすごく平凡な人なので、平凡なひとには平凡なひとなりのアプローチをしていけばイイと考えています。

でも記録は必ずつけなければいけない!

ここで注意していただきたいのは、ぼくはけっして記録を取らなくてもいいと言ってるわけでは無いということです。

トレード記録は必ずつけていかなければなりません。

でないと、トレードの改善をしていくことができないからです。

記録をつけることこそが、トレード調達することの1番の近道なのです。

これだけは間違いありません。僕が言いたいのは、平凡なひとでもちゃんと記録をとり続けて、ちゃんとトレードのスキル磨いていく方法を考えなければならないということです。

毎日続けられる方法を考えよう!

ということで、平凡なひとは平凡なひとに向いたアプローチでトレードの記録をつけていきましょう。

僕がとっている方法はまたこちらで紹介していますので、参考になれば幸いです。

では、毎日続ける上でだいじなポイントを紹介します。

それは「これなら自分でも毎日続けられる」とも確信できる方法をあみ出すということです。

そしてその自分で決めた方法をとにかく毎日続けてていくということです。

例えば、トレードとは関係ありませんが毎日ヨーグルト食べると決めたとします。自分なら無理なく毎日ヨーグルトを食べることができる。そう考えてこのルールを決めたとします。

そしたらとにかく毎日ヨーグルト食べ続けなければなりません。何があってもヨーグルトとにかく食べ続ける。ヨーグルトが切れてからヨーグルトを買いに行く。

ヨーグルトが切れないようにヨーグルトを買いだめしておく。そして毎日朝起きた時にヨーグルトを食べる。

これだけを毎日淡々と続ける。

ただこれだけのことを続けるだけなのです。

トレードノートの話に戻りますが、「これなら自分でも毎日無理なく記録をつけられる」という方法を考えてみてください。

第一歩はこういう小さなことから始めればいいのです。

自分でも毎日続けられることを毎日続ける。

メモ用紙に1行だけで記録をとるとかそういうのでもよいのです。

そしてそれをとにかく続けて少しずつ改善していけばいいのです。

これならなんとなくでも続けられそうじゃないですか??

小さなことからはじめてだんだん大きくする。投資でいう複利の考え方と同じです。

思い立ったが吉日です。今日から早速やってみてはいかがでしょうか!?

ではではーー!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する