2020.03.21

目指すべきトレーダーの姿を明らかにする

FXをする限りはトレードで利益を継続にあげていくことを考えなければなりません。

FXをする理由はそこですからね。

しかし、ひとえに利益をあげると言っても、どのような利益の上げ方をするかで難易度は変わってきます。

1ヶ月の間に資金の1%だけプラスにすればいいのと、200%(2倍)や300%(3倍)にするのとではやり方もかなり違ってくるのはなんとなく分かっていただけると思います。

今回はあなたが専業を目指すに当たって、どのようなトレーダーを目指すべきなのかをお伝えします。

資金を増やすプランをつくろう

FXでは資金を増やすことを目的としています。

これには誰しもが賛成してくれるでしょう。FXをやって資金を減らしたいと考える人はまずいません。

資金を増やすと言っても、どのように増やしていくかプランを作成しなければなりません。

無理のないプランを作成できれば、あとはそれに沿って淡々とトレードするだけです。

このプランづくりをせずになんとなくでFXをやってしまうトレーダーさんや、プランはつくるけどそのプラン自体にかなりの無理があるトレーダーさんが山ほどいます。

これも、FXのことについてよく分かっていないことが原因であったり、ネット上に横行しているデマ情報・一部のスーパートレーダーさんの影響でもあるのですが。。

まずはスーパースター選手になることではなく、凡人なりの勝ち方を目指していきましょう。

スーパースター選手になろうとするのはその後でも全然遅くありません。

凡人の勝ち方と言っても、FXの世界でこれを身につけることができればかなりの資金をトレードだけで稼ぐことができるようになります。

好きなものを好きな時に買うことができるレベルまでは普通に目指すことができます。

では、どのようなプランづくりをするべきなのか、どのようなプランづくりをしてはいけないのか、これから解説していきます。

資金を何倍にも増やそうとするプラン

圧倒的に多いのがこのタイプなので最初に解説しておきます。

SNSで見ていると、商材などの集客のためのアピールのために「資金が〇〇倍になった!」とか書いているアカウントをよくみつけます。

他にも、「1万円からスタートしてここまで資金を増やしました!!」などと書いているアカウントも少なからずあります。

中には本物の凄腕トレーダーさんである場合もありますが、大抵はギャンブルでトレードをされている方がほとんどです。

そして、大抵はその増やした資金を数ヶ月の間に全て溶かしてしまい、資金がゼロになってSNSからこっそりと消えていくのです。

このタイプが厄介なのは、とにかく一攫千金を狙いたいというギャンブラー気質を持ち合わせている点です。

FXにおいて長きに渡って生き残ろうと思えば、資金を何倍にも増やすことを考えるのではなく、安定して勝ち続けることを考えるべきです。

ここで、勝ち続けるというのはトータルでプラスにし続けるということを意味しています。つまりトレードで全勝することではなく、勝ったり負けたりを繰り返しながら、利益を出していくことが大切なのです。

1つのトレードで絶対に負けないようにすることなんてFXの世界では無理な話なのです。

大切なのは、負けたとしても上手な負け方をして資金に大きなダメージを与えないこと。そして勝つ時は、負けを補えられるくらいの大きな利益を狙っていくことです。

ここで考え方を間違ってしまうと、今後のトレードに大きな悪い影響を与えてしまうことになるので甘く見ずに心に刻んでおきましょう。

FXをやっていると、どうしても他人のことが気になってしまい、ネットでSNSを見てしまいます。

ネットでは多くの誘惑があり、「資金を何倍にも増やす方法」と言った謳い文句が横行しています。

FXで長く生き残ろうと考えるのなら、その誘惑には乗らないようにしましょう。

ブレないようにとにかく自分のスキルを磨かないとあっというまにカモにされてしまいますからね。

こう言った資金を何倍にも増やそうとする考え方をするトレーダーは、トレードの中身の質がすごく悪い状態になっています。

いわゆるハイレバ(ハイレバレッジ)と呼ばれているものですが、専業を

目指す場合はハイレバトレードをやるのは論外です。

つまり、証拠金の半分以上(さらに悪い場合はほぼ全ての証拠金)を1回のトレードで失う方法がこれに該当します。

トレードにおいてはいつ負けトレードが発生するかは誰にもわかりません。さらに、負けトレードは必ず発生します。

そしてこれはどんなトレーダーにも平等に起こる現象です。

それなのに、負けトレードに対する準備をすることなく、保険をかけることもなくトレードをすることはとても恐ろしいことだとは思いませんか?

ハイレバトレードをする人は、そこも理解しないままただただ妄想上の大きなお金に目が眩んで、資金を大きく溶かすことになるのです。

そう言ったハイレバトレーダーには他の面でも非常に苦しい点があります。

それはメンタル面です。

ハイレバトレードをしていると、プラスに動いている場合はかなりの大きな金額が含み益として乗ってきます。

しかし逆に、マイナスに動いてしまった場合はかなりの大きな含み損があなたの口座に乗っかってくることになるのです。

当然、そんな大きな含み損に耐えられるメンタルを持ち合わせてないでしょうから、1回のトレードでのメンタル負担が大きくなります。

そんな状態を何年も続けることはできないですよね?FXで資金を継続的に増やして、ストレスフリーの自由な時間を過ごしたいはずなのに、毎日大きな含み損がくるかもしれないとヒヤヒヤしながら生きていては意味がありませんから。

目指すべきは、一つのトレードで一喜一憂しないように淡々とトレードを繰り返すことです。

そしてなんのメンタル的なダメージを受けずに資金だけ増えていくというトレードが理想なのです。

安定した比率で資金を増やしていくプラン

一つのトレードで一喜一憂しないように淡々とトレードを繰り返し、なんのメンタル的なダメージを受けずに資金だけ増やすにはどうすればいいか、考えていきましょう。

まず、ハイレバで資金を何倍にも増やす方法は考えてはダメだと書きました。

考えるべきは資金に対してどれだけの割合で利益を出していくかを考えることです。

一般的には利回りと呼ばれている考え方です。

100万円の資金に対して1年で1万円の利益を出すことができれば、年利回り1%となります。

(得た利益) / (トータルの資金) = (利回り)

こういう式で利回りを求めていきます。

さて、この利回りですが、どのくらいの利回りが出ていたらすごいと言えるのでしょうか。

これから他の投資案件を見つつ比較していきましょう。

利回りを考えよう

不動産投資の利回り

不動産を購入して誰かに貸し出して家賃収入を得るような投資の仕方があります。

このような不動産投資では、よくて年間利回り10%がいいとこだと言われています。

むしろ10%いけばかなりすごいくらいです。

つまり100万円を預けていれば1年に10万円の利益を出すことができるとうことです。そしてこれがかなりすごい方だということを理解しましょう。

管理費などを入れると普通は10%を下回るのが普通です。

それでも不動産投資で経済的自由を手に入れて脱サラを達成する人もいらっしゃいます。

年間利回り10%はなかなか良い数字なのです。

ここで注意したいのが、上限が10%なのではなくて平均して優秀な投資をしていると言えるラインが10%であるということです。

中にはボロボロな物件を格安で購入して利回り100%なんていう不動産を保有している方もいらっしゃいますから。

不動産をやるなら10%が限界!なんてことをいうつもりはありません。

ですが今回はこの年間利回り10%を一つの目安として他の投資案件を考えていきましょう。

株式投資の利回り

では株式投資の利回りがどうなのか、考察していきましょう。

ここではトレードではなく(トレードと比較するとFXと同じとなってしまうので)配当利回りのことを考えていきたいと思います。

米国の株や日本の株を含めて、配当利回りはだいたい年間で5%ほどあれば素晴らしいと言われています。

当然株価の変動もありますから、丸々5%の配当利回りを得られることはこれも稀なことだと言われています。

これも中には5%以上を継続して維持している方もいらっしゃるかもしれません。が、今回は平均的に優秀だと言われているラインで考えています。

本当かどうかよくわからない方は、本屋さんに行って株の雑誌を購入して読んでみてください。

高利回りと書かれている銘柄は大抵5%ほどです。

それよりも大きい利回りを出している銘柄もありますが、それは非常に株価の変動が大きく、安心して保有できるような銘柄ではありません。

不動産の相場は相対的に値動きが遅いのもあり、家賃も不動産相場とは関係なく受け取ることもできるのであまり価格変動を考慮に入れずに運用することができます。

しかし、株となると毎日株価変動があり、しかもとても激しい値動きをする場合もあります。

最近でいうとコロナショックがありますね。

配当利回りを狙うということは、バイアンドホールドで上昇を狙うことしかできないので、保有したらあとは株価については祈るしかありませんからね。

株の配当狙いで運用を続けようと思えば、年間利回り5%ほどで株価変動を考慮した運用をしなければなりません。

株は管理はとても楽チンです。ネット上で口座を開いて株を買うだけですからね。

パソコンに詳しくない方でも容易に株を買って配当運用をすることができます。

FXトレードの利回り

対して、FXトレードにおける利回りはどれくらいが適切なのでしょうか。

これはトレーダーの腕にもよるのでなんとも言えないのですが、月間利回り100%とか200%という資金を2倍、3倍にするというのは夢物語だということを思い出してください。

あえて利回りがどれくらいか考えてみると、だいたい月の利回りで10%いけばかなり優秀なトレーダーだと言われます。

専業トレーダーさんでさえ、月利回り10%いけば「すごい!」と褒めてくれるレベルです。

不動産が年間の利回りで10%いけばすごいレベルなのに対し、FXでは月間の利回り10%が視野に入るのです。

それだけFXトレードには夢があるのです。洗練されたトレーダーになることで、それくらいの利回りは普通に狙っていくことができますからね。

まぁこれを継続できたら確実に専業になれるレベルですけどね。。

専業の中でもかなり優秀な専業トレーダーになれます。

ハイレバで資金を何倍にもしようとしていた方にとって、この月間利回り10%という数字はかなり優しいものに感じるのではないでしょうか?

確かにハイレバで資金を何倍にもしようとする場合と比べるとかなり「優しい」設定になります。

だって何倍にもする必要がないのですからね。これだけでかなりメンタル的にも穏やかにFXに取り組めるのではないでしょうか。

FXトレードにおいては短期間に資金を何倍にもしようと考えてはいけません。

そんなに一攫千金を狙いたいのであれば、ハイレバを続けてもらっても構いませんが、確実に言えるのは、それでは絶対専業トレーダーになれないということです。

シンプルな利回りプランをつくろう

これからFXをやっていくには、まずプランを作ることが大切だとお伝えしました。

そしてそれは資金を何倍にも増やすようなむちゃくちゃなプランではなく、安定した比率で資金を増やしていくようなプランが大切なのです。

そしてその安定した比率を利回りという考え方で決めていくこと。

FXのプランとしてまずはこれができれば大丈夫です。

「今年は月間利回り〇%を毎月継続させる!」

というような目標(プラン)を立てましょう。

トレードスタイルにもよりますが、まずは月単位でどれくらいの利回りをだしたいかを考えてみましょう。

ここで決める利回りは10%以内であるようにしましょう。

ハイレバになれている方はかなり物足りなく感じてしまうでしょう。

ですが、月間の利回り5%を継続して達成できれば普通に専業でもやっていけます。

それだけのトレード技術があれば、十分専業と名乗れるくらいの技量があるのです。

意外と難しいんですよ、月利回り5%を継続するのって。

10%なんていう数字をずっと継続するのは神レベルのトレーダーですからね。笑

月間の利回りの目標を立てたら、あとは資金計画です。

毎月その利回りを達成することを前提として、これからいくら稼いでいければ満足するのか考えてみましょう。

毎月50万円稼げたらいいのなら、月利10%でトレードしていくとすると、500万円の資金があれば達成できますね。

複利のことを考えるのはあと回し!!

シンプルなプランをまずは考えましょう。

投資案件で使われる魔法の言葉として「複利」というものがあります。

これをこのまま継続すれば複利で何年後には資金が何倍にもなります!!」

みたいなあれです。

この考え方は正しいのですが、まだ十分に成熟したトレーダーでないのにこの考えを導入すると痛い目に合う可能性が高いのです。

この複利の魔法を使って勧誘してくる詐欺案件が多いからです。

まず、複利で考えるということは先ほど述べた「月利回りの目標を継続する」ことが大前提となっています。

この専業コースでは、その「月利回りの目標を継続する」ことだけにフォーカスします。

なぜなら、複利なんてものは考えなくても気づいたらついて回るからです。別に複利のことなんて考える必要はありません。

そんなことよりももっと考えなければならないことがたくさんあります。

決して諦めないこと

みなさんが目指すべきトレーダーの姿、プランについて理解いただけましたでしょうか。

序盤はFXに対する姿勢を正しくしたいという思いもあり、テクニカルなことはのぞいて説明しています。

ちょっと退屈かもしれませんが、どれも重要なことであれ、いつかはみなさんが学ばなければならない考え方です。

しかもとても重要な考え方なので、この前提知識なしではトレードで大きな損をしてしまうかもしれません。

着実に正しい知識を身につけて正しくトレードできるようになりましょう。

最後まで諦めずに学んでいけば専業への道もそう遠くはありません。

前提知識が終われば、トレード方法の基礎理論をお伝えします。そこでトレードのテクニックについてしっかりと学べます。

今回学んだことも何度も読み返して身につけるようにしてください。

そして、自分なりの投資プランを立てるようにしましょう。

月利5%を目指す!でも十分素晴らしいプランです。

これまでの自分の成績を鑑みて、ゆっくり決めましょう。

あとはそのプランの目標に沿ってトレードテクニックを磨いていくだけです!

個別質問も受け付けてます!詳しくはこちらの記事の末尾をご覧ください!

続いてはこちら

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する