2020.05.29

エントリー位置の考え方

こんにちは!トレードしていたら、どこでエントリーをかけていいのかわからない、なんてことはありませんか?

今回はエントリーをかける位置についての基本的な考え方を天才的な語彙の少なさと共にお送りします。

エントリーをかける時の基準

陥りがちな思考

エントリーをかける時に考えていることはなんでしょうか?

これから上にいきそうだから?乗り遅れたくないから???

インディケータとローソク足との関係に何かサインが出たから・・・?

実際にトレードをしているとこのエントリー基準って忘れがちではないでしょうか?

どんな基準が正しいのか、それは人によって違います。ただし、大事なのは明確に自分なりの基準を持つことです。

本やyoutubeに書いてあることをそのまま鵜呑みにして、さらに他の本やyoutubeをみて、今度はそこに書いてあることをまた鵜呑みにして、、、

みたいなとてつもない無限ループに陥っていることはありませんか?

自分の軸を持つことが大切だと何回も申し上げておきます。

とはいえ、どのような考え方をすればいいのかわからない!というトレーダーさんも多いと思います。そこで少しだけ考え方のヒントを書いておきます。

小出し小出し(笑)にしていくので皆さんも少しずつ少しずつ吸収していただけるとありがたいです。

軸のヒント

これはあくまで僕が考えるエントリーの基準ですが、僕はよく言われていることだけど結構大切なことを重要視しています。

それは以下の2点です。

「高いところで売って、安いところで買う」

「リスクをコントロールする」

どちらもありふれた考え方ですが、とても重要な考え方だと僕は思っています。

この二つは別々の考え方であるように見えて関係がある考え方なのですが、これからそれぞれについて体力が持つだけ解説していきます。

高いところで売って安いところで買う

トレードの根本的な考え方は高いところで売って安いところで買うという逆張り的な思考になります。

この考え方については何回か聞いたことがあるのではないでしょうか。

でもエントリーの時、このことについて考えてエントリーをかけている方は非常に少ないのではないかと思います。

この言葉を読んだ瞬間は「そりゃそうだろ」とか「そんなんわかってるよ」という感覚ではないでしょうか。

しかしチャートと対面していると忘れてします。

日頃からこのことについてしっかりと考え抜いて、チャートを見るときも意識づけをしていないと忘れてしまうのが人間ですから。

この信条を持っていないと、下がってきたから売る、上がってきたから買うというのが順張り・トレンドフォローだと思い込んでしまい、エントリー位置がかなり遅れるということも往々にしてあります。

まぁそれも否定するわけではないですが、僕は高いところで売って安いところで買うということは常に心がけています。

何をもって高いとするか、何をもって安いとするかはそのうちチマチマと書いていきたいと思います。

例えばこのチャートをみてください。

エントリータイミングでいうと、正直このチャート上ではどこでショートでエントリーをかけても利益になりますよね。

だったら別にどこでエントリーしてもどうだっていいわけです。

極端な話ですけどね。

実際はそういうわけにはいきませんからね。

でも僕が言いたいのは、どこでもエントリーをかけていいなら、高い位置で売っておく方が利幅も大きくとれるからそっちの方が好ましいでしょ。ということです。

これは商売における基本でもありますから、常に考えておかなければなりません。

雑貨屋さんなどのお店だって、安くモノを仕入れてそれに利益分を上乗せして販売しますよね。よく問題になる転売だってそうです。

どこかから安く仕入れたものを高く売る。

FXだって利益をだすための考え方は同じなのです。

安い時に買って高くなってから売る。

エントリーをかけるときに、これは高い位置にあるのか、それとも安い位置にあるものなのか考えてエントリーをするということです。

リスクをコントロールする

トレードにおいてトレーダーがコントロールできることはなんだと思いますか?

トレンドの方向?利益の大きさ??

実はコントロールできるのはリスクだけなのです。

これもいろんなところに書かれているのでそんなに目新しいことではないのですが

では実際にリスクをコントロールしてトレードしているトレーダーさんはどれだけいるのでしょうか。

リスクの大きさはロットの大きさと損切り位置によって決まります。

この要素をちゃんと理解してエントリーをかけているトレーダーさんがどれだけいるのか、僕は怖くて怖くて夜も眠れません(嘘です)。

一発で資金を溶かしてしまうとんでもないトレードをする方はこのリスクコントロールを非常に甘く考えてしまっている方が多いのです。

リスクコントロールってなにやら難しいことのように聞こえますが、そんなに難しいことではありません。

損切り位置を決めておいて、その損切り位置と資金とを照らし合わせて、どれくらいのロットでエントリーをかけるか考えるだけですから。

まぁもちろんそこにはその手法の検証結果やこれまでの経験を通した意思決定が入るので、その精度はトレーダーさんの腕前にもよりますけどね。

もっともっと幅を広げて考えると、重要な要素なんてたくさんあるのですが、

少なくともこれくらいは意識してエントリーをしましょうね。

タイピングが疲れたのでこれくらいにしておきます。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する