メンタルコントロール4スーパー悪影響

今回はトレードでの思い込みがもたらす悪影響について

ご説明します

ある⽇、あなたがこれから相場が上がっていく!

と思い、ロングのポジションを⼊れました。

これから絶対に上がる!

そういう⾃信があったので、渾⾝のロングエントリーを⾏いました。

しかしその後、相場が少しずつ下がってきました。

あなたは、「まぁこれくらいなら下がるのはしょうがない」

と思います。

そして、これから必ず上がってくるんだと、

そう信じてロングのポジションをまだ持ち続けます。

あなたの⼼の中には、ここまで下がったらちょっとやばいかな、

というラインがありました。

そこはこれまでずっと下抜けしてこなかったラインです。

流⽯にそこは下抜けしないから、これから上がるしかない!

と思ってロングを⼊れました。

しかしどうでしょう、だんだん相場は下がってきて、

なんとその最終防衛ラインも下抜けしてしまいました。

あなたはまだロングのポジションを持ち続けます。

ロットも下げてエントリーしているし、損失もまだ許容できる!!

それにこれから絶対に上がるはずだ!!!

これは騙しのブレイクになるはずだ!!

絶対に上がる!!

さて、最終防衛ラインを下抜けた相場はどうなるでしょうか。

勢いをつけて下抜けた相場は、

ショート勢がどんどん増えてきてどんどん下がってきます。

その後少し上がってきたとしましょう。

あなたは「やっぱり上がってきた!!」

そう思うでしょう。

やっぱり上がると考えた予想は正しかったんだ!!!

しかし実際はそれは戻り売りポイントとなり、

どんどん相場が下がっていき、、、

気づいたらすごい損失になってる、、、、

そして耐えられなくなったあなたはやっと損切りをする。

この時点でやっと損切りをするんです。

この時、すごい⼤きな損になっていることは⾔わずもがなですね。

これが思い込みがトレードにもたらす悪影響のメカニズムです。

さて、ここでトレードで勝てない⼈の種類を説明したいと思います。

簡単に相場で勝てない⼈といっても、その中にも負け⽅の種類があります。

といってもそんなにたくさん種類があるわけではなくて、

⼤きく分けて2つです。

ひとつは、

とにかく負けばかりの⼈

⼩さく負けることもあれば、⼤きく負けることもありますけど、

勝つことがほとんどない⽅。

ふたつ⽬は、

勝つことはできるけど、ひとつの⼤きな負けのせいで

トータルでは負けている・またはプラスマイナスゼロになっている⽅。

いわゆるコツコツドカンを繰り返す⼈です。

ひとつめはメンタル⾯を根本的に変えないとここから先も負け続けてしまいます。

ふたつめの⽅はあと⼀歩、メンタル⾯を鍛えれば勝てるようになります。おしい!

僕が今説明しているメンタル⾯のトレーニングでは、

このふたつの負け⽅をされている⽅のメンタルを根本的に直して、

圧倒的にトレードスキルを上げることを⽬指しています。

毎⽇少しずつ、これが⼤事なのです。

さぁ、これからどんどんトレードのメンタルを鍛えていきましょう!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する