メンタルコントロール8 闇から飛び出せ

相場は確率で考えるという話、

理解できましたか?

これがトレードでどのように活かされるのか、

今回はそれをお伝えします。

確率で相場を考えるとして、

どのタイミングでエントリーしたら良いのでしょうか。

これは⼈によって変わってくるのですが、

60 – 80 % ほど上がる(または下がる)と考えられるのであれば

エントリーしても良いと思います。

それを⾒極めるのが技術⾯でのテクニカル分析であり、

どれくらいの確率のときにエントリーするかの判断は、

リスクリワードを考えて⾏うことになるのです。

少し難しくなってきましたか??

ご安⼼ください、もっと丁寧にゆっくり説明していきます。

まず、「上がるまたは下がる確率が60 – 80 %ほどのとき」

という⾔い回しですが、

これは過去チャートの検証により判断できるようになります。

これも技術⾯の話に⼊ってくるので今回は⾶ばしていきます。

みなさんついてこれてますか??

ちょっと怪しいと思った⽅は過去の内容を⾒返してみてください。

焦らず⼀つずつ。これが⼤事です。

焦って安易な⼿法に⾶びついてしまうと、それだけ損することにもなりますし、

また闇の中を右往左往してしまいます。

急がば回れです。

さて、確率で相場の動きをとらえてトレードする場合に重要になってくるのが、

損切り位置の設定です。

メンタルの強化=損切りの実⾏

と捉えて頂いても過⾔ではないくらい、

メンタルは損切りの実⾏に影響してきます。

ではこれから相場が上がっていく可能性が⾼いと判断して、

ロングを⼊れたケースを考えてみましょう。

この場合、損切りを設定するのは

相場が上がる可能性が⾼いと判断した根拠が崩された時です。

ここまで下がってしまったら、さすがにこれからは上がっていかないだろうというラインに

損切りの設定をします。

「相場がこれからどう動くかは誰にも分からない」

そのため、もちろんこの損切りラインまで到達することもあります。

そこまで到達したら損切りして終了。

たったこれだけです。

トレードは、この考え⽅に即して⾏なっている限り、

⼤きく負けることもありませんし、

これを極めるだけでどんどん勝ちトレードにシフトしていくことができます。

この損切り設定の仕⽅を具体的にどうするかは、

技術⾯の話になるので、そこでまたお話します。

さて、⼀度これまでの話を振り返ってみましょう

「相場がどう動くかは誰にもわからない」

そして

「相場におけるトレードは確率で考える」

でしたね。

しいたけが⾷わず嫌いになっていた⼈のお話しを覚えていますか?

しいたけは絶対に美味しくない!!

と思っていた⽅がしいたけを意図せず⾷べてみると、

案外⾷べられるということがわかったという話です。

このとき、この⼈はしいたけが実は美味しいという可能性も考え始めたわけですね。

絶対にしいたけは美味しくない!!

ではなくて、

美味しいしいたけもあるのかもしれない

という考えになったわけです。

もし⾃分の周りにそういう⾷わず嫌いの⼈がいたら、

⼀度⾷べてみたらいいのに。ってそう思いませんか?

美味しいかもしれないのにって。

この考え⽅がトレードではすごく重要です。

これから相場は絶対に上がる!!

ではなくて、

相場が下がることもあるかもしれない

と考えることがトレーダーとしての第⼀歩です。

少し客観的になるということがいかに⼤事か

それをお伝えしたいわけです。

この話はここ何回かずっとしていますが、

これこそが第⼀歩として重要なことなので覚えておいてください。

今回は⾷わず嫌いの話に捉えて、

確率で考えることの重要さを改めて認識していただきました!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する