2020.04.03

初心者がFXを勉強しても勝てないのは損切りできないことが原因!?理由を徹底解説!

初級トレーダーから中級トレーダーへランクアップするための主なスキルの一つとして、損切りスキルがあります。

これは、あらかじめ決めておいたルールにしたがって寸分の狂いなく損切りができるようなるというスキルですが、今回はこの損切りの重要性について改めて理解を深めていただきます。

初心者はFXをいくら勉強しても損切りできないのが当たり前!

これまでに解説してきた、自分が思うトレードの悪いクセについての記録をしっかりと取っている方はその悪いクセの中に「損切りがうまくできない」というクセもあるのではないでしょうか。

損切りができないというトレーダーは非常に多く、損切りをできるようになること自体、とても難易度の高いメンタルコントロールが必要になります。

損切りについての本だけで1冊の本がかけるくらい、損切りをできるようになるということはとても難しいことでもあるのです。

もしあなたが損切りがなかなかできなくて悩んでいたとしても、それは当然のことです。大多数のトレーダーができていないのですから。

そしてこれが原因で大多数のトレーダーは大きな損失を被ることになるのです。

ポイント

損切りができないのは当たり前のこと! 悩まずにトレードの考え方を身に付けることにフォーカスしよう!

損切りをできないのは最初は仕方がありません。だって、トレーダーとしての正しい考え方を学習していないのですから。

そのため、最初は損切りをできないこと自体を恥ずかしがることはありません。

野球選手でも最初はボールの持ち方すらわかっていなかったように、トレードで損切りの仕方をわかっていなくてもごく自然のことだからです。

最初は損切りできなくても全く問題ありませんが、これからトレードで利益をあげようと思えば、損切りは必ずできるようにならなければなりません。

ちゃんと真面目にこのサイトの記事を読めば、問題なく誰だって損切りをできるようになります。

FXの世界での考え方をちゃんと勉強するだけで、損切りの仕方は自ずと身につけられるものだからです。

一方、FXをギャンブルだと思っているトレーダーも少なからずいます。100か0かの世界でこれまでパチンコや競馬をやってきたトレーダーは、FXでも同じようなことをしてしまいます。

つまり損切りを全くしない。

しかし、FXはギャンブルではありません。正確にいうと、ギャンブルトレードをやらないようにすることができます。

そしてこのギャンブルトレードではないようにトレードすることが、皆さんに求められていることです。

ここを押さえよう!

FXをやる上で、ギャンブルだけはやらないようにしよう! 損切り貧乏になる方がまだまし!

初心者はまずFXで損切りの大切さを勉強しよう

僕がこれだけ損切りを習得して欲しいと願うのには理由があります。

FXの世界において、損切りができないということで皆さんにとても大きな悲劇を招くことになるからです。

それは戦場に鎧なしで普段着で突入するのと同じくらい、危ないことなのです。

そして、その重要性を知らないままトレードを始めてしまうトレーダーさんが多いことにより、FXでカモにされてる人がとても多くなります。

その結果、「FXは危ない。ギャンブルだ。あんなもの危なすぎるからやるもんじゃない」なんていう虚言をばらまく人が増えてしまうのです。

それを聞いたFXのことを知らない一般の方は、FXは怖いものとして手をだすことさえしなくなります。

正しい知識を身につけて、ちゃんと鎧を着て強い武器を持って挑むことでFXはとても夢のある世界になります。

お金を失うことなく、どんどんお金が増えていくような環境を作り出すことができます。

そんな世界を知らずにFXをやらないのはとても勿体無いとは思いませんか?

皆さんは幸いFXの世界に踏み入れていらっしゃるので、これから知識を吸収していくフェーズに突入していきましょう!

ここを押さえよう!

FXは稼げるのは間違いない!勉強をして勝てるようになっていこう!

さて、損切りができないと具体的にどんな悲劇が待っているのか、これから解説します。

これは理論上は皆さん容易に想像できると思いますが、損切りができないと最悪の場合、資金がゼロになってしまいます。

さらに最悪の場合、その損失を取り戻そうとしてさらに生活費など手を出してはいけない資金までFXにつぎ込んでしまいます。

そしてFXの正しい知識をつけていないために、当然のようにその大切な資金さえも失ってしまうのです。

さらにさらに酷い場合、自分の手持ちの資金が尽きてしまったのちに、次にトレーダーが考えるのは借金をすることなのです。

消費者金融など、今では簡単にお金を借りることができます。次はFXで全てを取り戻せると根拠のない自信と生活費を無くしてしまった焦りから、軽い気持ちで借金をしてしまいます。

そんな借金を使ってするトレードなど、もはやトレードに適正な心理状態で行うことはできません。

考えるまでもなく、借金すらも全額トレードで溶かしてしまうことになるのです。

今冷静になって読んでみると、こんな馬鹿げたことは自分はやらないと思うことでしょう。

しかし、いざ自分が体験してみると日々繰り返されるトレード生活の中では冷静になれないものなのです。

冷静なときは結構バカにしてしまうものなのですが、これまでトレードをしたことのある方は金額の大小に関わらず、この冷静になれない状況を体験したことがあると思います。

トレーダーとしては、この冷静になれない状況をなくすことからが勝てるトレーダーの第一歩になります。

ここを押さえよう!

いつでも冷静にトレードするのがFXで求められること! 冷静にトレードできるようになることを目標にしよう

トレーダーとして求められる姿は、損切りトレードが生じても何にも気にせずに平常心でいられることです。

1つ1つのトレードは、トレーダーにとっては数多くのトレードの1つにすぎません。

そして、損切りトレードを生じさせないことは、どんな凄腕トレーダーでも不可能なことなのです。

大切なのは損失を受け入れ、さらにそれをコントロールすることです。

まぁこれについては追々説明します。

こういう話をすると、多くのトレーダーは損切りが生じないような手法を探すようになってしまいます。いわゆる、聖杯探しと呼ばれるものです。

しかし、いくらトレード手法が優れていても、損切りができないとその手法は全く意味がないのです。

聖杯はこの世には存在せず、どんな手法であってもトレードを重ねて行くと損切りはいつか発生します。

先ほども書きましたが、どんなに優秀でどんなに稼いでいるトレーダーであっても、数あるトレードの中には損切りトレードが必ず発生しています。

洗練されたトレーダーと平凡なトレーダーの違いは、損切りを平然と受け入れられるかどうかなのです。

ここを押さえよう!

まず最初は、損切りを平然とできるようになろう!

損切りができないと、トレードの世界ではカモにされるだけです。

そしてその際に被ることになる損失の大きさはあなたの人生を狂わす可能性だってあるのです。

こんな書き方をすると、「FXってやっぱりこわいじゃないか!やるべきではない!!」なんてツッコミを入れてくる方もいます。

しかし、こわいのはあなた自身が正しい知識を持って正しい振る舞いをしないからなのです。

例をあげるとすると、自動車の運転と同じです。今や、自動車を運転している方は非常に多いのではないでしょうか。

自動車を運転できるようになるためには、教習所に通って、自動車の操作方法や交通ルールを学びます。そしてそこで習った操作方法や交通ルールにしたがって正しく運転をしているうちは、事故を起こす可能性は極めて低くなります。

もちろん、どんなに交通ルールを守っていても不慮の事故に巻き込まれることはありますが。。

正しい操作方法で交通ルールを守って運転している時、多くのドライバーは運転することがこわいとは思わないはずです。

むしろ運転することが楽しい人も多いはず。

しかしどうでしょうか、車の操作方法もわからず、交通ルールもわからないうちに高速道路を運転しろと言われると、大抵の人は怖さを感じるはずです。

ちゃんと操作方法も交通ルールも勉強していないのに高速道路で運転して事故を起こしたとしても「自動車は怖いものだ!」なんていう主張は誰にも受け入れてもらえませんよね。

高速道路での事故もあなたの人生を狂わせてしまうことがあります。

しかしそれは、自動車の運転方法や交通ルールを理解せずに運転に踏み切ったドライバー自身が悪いことくらい容易にわかるでしょう。

まだFXという領域を知らない人が多すぎるだけで、本質は自動車の運転と同じようなものです。

正しいトレード方法と利益を出し続けるために守らなければならないルールさえちゃんと勉強して訓練すれば、大きな損を出すことはありません。むしろあなたに莫大な利益をもたらしてくれます。

自動車を正しく使えば遠距離を短時間で移動できるメリットを享受できるように、FXで正しくトレードすることで利益をあげつづけるというメリットを享受できるのです。

ここを押さえよう!

正しく操縦することでFXは怖くなくなる!

FX初心者がいくら勉強しても損切りできなくて当たり前!その理由とは!?

損切りの重要性についてはこれまでにお伝えしてきましたが、実際に損切りをするとなると、初心者のうちはなかなか出来ないのがFXの難しさでもあります。

これが出来ないうちはロットを増やしてトレードするべきではありません。

極力少ないロットで少ない金額でトレーニングを積んでいくのが良いでしょう。

余談ですが、最初は怖いからデモ口座でトレードの練習をするのはあまりオススメは出来ません。それをするくらいなら最小ロットが1000通貨の口座を開設して、数百円の範囲で実際に自分のお金が動くトレードをするべきです。

理由は簡単で、デモ口座は所詮自分のお金ではないので、口座の残高が増減したところで自分のメンタルにはなんら影響を与えないからです。

大切なのはいかにメンタルをコントロールする技術を習得するかにかかっています。これはデモ口座ではなく自分のお金を使ったリアル口座でしか訓練が出来ません。

少し話がそれましたが、損切りは一朝一夕でできるようになるものではありません。少しずつ訓練を重ねてやっと損切りに向き合うメンタルコントロールができるようになるのです。

この訓練を実施せずに、すぐに大金持ちになりたいという欲望に負けて大きなロットでトレードを繰り返すトレーダーが非常に多い。その結果は言わずもがなです。

このブログにお越しいただいた皆さんには、将来に渡って永続的にトレードで富を築く力を身につけていただきたいのです。

そのために、ひとつひとつのことをしっかりと身につけていただきたいと思っています。

一発勝負で負けるか勝つかを狙いにいくのではなく、何年にもわたって利益を出し続けられるようなスキルを身につけてください。

損切りができないのは多くの平凡なトレーダーに見受けられる特徴ですが、洗練されたトレーダーは損切りを即座に執行します。

ここを押さえよう!

トレードがうまい人は損切りをすぐに執行できる!

この違いはなんなのでしょうか。多くのトレーダーが損切りをできないのは何故なのでしょうか。

損切りができないのは、決して性格の問題でもなんでもありません。

それは幼少期から成人に至るまでの教育システムが影響しているのです。

損切りができないのは労働者思考のせい!

日本、というより世界中の教育制度は、実はFXでトレーダーとして成功するための心構えと真逆なことを教えています。

そのせいもあって、FXでは多くのトレーダーが負けてしまうのです。

多くのトレーダーが負けてくれないと一部のトレーダーが大金持ちになれないというジレンマもありますが、なんにせよ現在の教育制度が、皆さんをトレーダーの道から遠ざけているのは事実です。

あたかも現在の教育制度が悪い!と言いたげな感じではじめましたが、そうではありません。

トレーダーの思考の持ち方を教えられていないということをお伝えしたいのです。

現在の教育制度では、一生懸命に学問を勉強し、自分の専門分野を決めてその範囲でのスペシャリストを育て、安定した職業につけるような教育制度が作られています。

この教育制度の最終ゴールは、安定した職業につき、定年まで一生懸命働いて心の安定を求めるというものです。

つまり労働者となってお金を少しずつ貯めて、その貯めたお金と年金をあてにして老後生活を送るというものです。

これは投資のマインドに通じるものがあるのですが、少しずつお金を確実に増やしていって、最後は年金頼みで安定を最優先に考えているといつまでたってもトレーダーの基本的なスキル・考え方を身につけることができません。

ここを押さえよう!

トレードに必要な考え方を教えてくれる教育制度はない! 自分で勉強を始めなければならない!

トレードにおいては、「安心・安定」を最優先に求めてしまう労働者の考え方が邪魔して、利益を出しつづけることは困難になってしまうのです。

「安心・安定」を求めてしまうと、少しだけでも含み益が出た時にすぐ利益確定をかけてしまいます。

利益が出たらすぐに利食いを入れて少しでもいいからお金が増えれば満足してしまうのです。

これは、労働者にコツコツとお金を貯めるという精神が根付いていることが影響しています。

そしてさらに悪いことに、この「安心・安定」を求めるが故に損失を一切受け入れることができなくなっています。

「安心・安定」を追い求めて定年まで働き続けられる企業に就職し、給料からコツコツとお金を徐々に貯めて、家をローンで買って老後は年金と貯金で安定して暮らす。

この、労働を基盤としたライフプランにおいては、お金を一時的に失うというプランが入っていないのです。

ここを押さえよう!

当然のことだけど一般的に、多くの人は何かをしてお金を失うことに慣れていない!

そしてさらに、学校教育や部活動など、様々な場面で教わることは「決して諦めない」ということです。

トレードを学ぶことを諦めないのは重要ですが、トレード中にそのトレードを諦めないのは損切りをしないということにつながり、とても痛い目を見ることになります。

何を諦めて何を諦めないようにするべきか、そこまでは学校教育では教えてくれません。とにかくどんなことでも諦めないのが美徳とされている傾向があります。

特に日本についてはその傾向が強いのです。何もかも諦めずに粘り強くやること自体がすごい。

どんなに体が疲れていても毎日夜遅くまで働くことで先輩から褒められる。逆に定時にすぐ帰宅してしまう人に対しては若干の冷ややかな視線が送られる。などなど。。

様々な場面で似たようなことを経験したことはありませんか??

そのため、損切りをしてお金を減らす・そのトレードを諦めてしまうという行為自体、これまで学んできたことと、これからしようと思う生き方からかけ離れた考え方なのです。

これは人間の本能でもあるプロスペクト理論も関係はしているのですが、それだけでなく、これまでの教育制度も関係しているのです。

[参考記事を読む]

先にも書きましたが、これは決して、現在の教育制度を批判するものではなく、そしてその制度のもとで「教育を受けるな!」と斡旋しているものではありません。

ここで言いたいのは、現在の日本の教育制度に加えて、トレーダーとしての考え方を学ぶ必要がある。ということです。

ちゃんと勉強しなければトレードにおいて成功することはありえないのです。

FX初心者でも損切りできない状態から脱却する勉強方法

さて、ではどうしたら損切りができるようになるのか!

これができたら初心者トレーダーからは卒業ができる、というくらいトレードの腕が上がります。

逆にいうと、なんどもお伝えしているように損切りができるようになることは初心者トレーダーにとって非常に難しいスキルなのです。

損切りができるようになるためには、それなりのトレーニングが必要になります。

これまでに紹介してきた感情面の分析手法でちゃんと記録をとっていくのが有効な方法です。

それに加えて、「トレーダーに必要な考え方」というものも学ばなければなりません。

これについては専業コースカテゴリにまとめてお伝えしていきます。

その入門講座として、メンタルトレーニング講座で基礎的な相場に対する考え方をお伝えしているので、1週間ほどかけて読んでください。

こちらのメンタルトレーニング講座は、記事下部にある無料メルマガ登録をいただければ毎日無料で初心者向けのトレード勉強配信もさせていただいております。

空いた時間で毎日少しずつ勉強できるので、メルマガ登録をしておきましょう。

ポイント

トレーダーに必要なメンタルを身に付けるためにはまず勉強から!

FXで稼ぐには損切り「できない」を「できる」に変えるのが最善の方法

なんとなく損切りすることが大事だということは元々知っていたでしょう。

しかし、損切りは皆さんがなんとなく思っている以上に重要な要素であり、これなしにはトレーダーとしての成功は決してありません。

今回の宿題は、先ほど紹介したメンタルトレーニング講座をしっかりと熟読しておくことです。

結構な量がありますが、これを読むことで相場に対する考え方、トレードに関する考え方が一気に変わります。

このメンタル面のスキルに関してはなかなか成長が目に見える訳ではありません。

しかしこのメンタル面のスキルアップは、確実にトレード中の考え方を変えます。

そしてそれはじわじわとトレードの成績にダイレクトに反映されてきます。

あなたが今トレードをするとき、損切りに対する考え方・実際の損切りの仕方はどうしていますか?

改めて考えてみてください。

また、トレード手法も大きな鍵を握っています。トレード手法によっては明確に損切り位置が決まっていないものもありますからね。

まだ手法について自分のルールがはっきりしていない方は、こちらの手法をお使いください。

かなり信頼度を高めた手法なので、メンタル面にも優しいトレードをすることができます。

ポイント

FXは勉強さえすれば誰でも勝てるようになる!!皆さんも諦めずに頑張りましょう!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する