チャネルラインが機能しない?それは〇〇を見逃してトレードしてるからだ!

チャネルラインが機能しない?それは〇〇を見逃してトレードしてるからだ!

こんにちは!Daichiです。

これまでもチャネルラインについての解説をしてきました。

参考記事はこちら。

チャネルラインは使えない?

使えるならみんな使っているはず

チャネルラインを使ったトレードは誰だってやったことがあるはずなんです。とても簡単な方法ですからね。線を引くだけなわけですから!

でもでもでもでも

だいたいのトレーダーさんはチャネルラインを使ったトレードを諦めているはずです。
もしも機能しててそれでトレードで勝ち続けることができるのであれば、ずっとそのチャネルラインを使ってトレードしているはずですからね。

使えないから諦めてませんか?

諦めているということは、チャネルラインがちゃんと機能しないと、トレードでは使えないと思って(思い込んで)諦めているはずです。

そして次の手法探しを始めてしまったのではないでしょうか??

心当たりありませんか?

他に手を出す前に、チャネルラインをもっと奥深くまで考えることで、手法をより磨き上げることができます。

実はこうやって深く突き詰めていくことが、他の手法に手を出すよりもかなり近道なのです。

おっと、少し話がそれてしまいましたが、今回はそのチャネルラインが機能しない、使えないと思われてしまう原因について考察していきます。

必見ですよ!

チャネルラインはこう使おう!

デイトレーダーの目線

世の中のトレーダーさんは5分足を使ったデイトレーダーさんが多いのです。

それは、手法を短期間で試すことができるから。そして、何回もトレードできるので、勝てるようになった時の利益の増え方がすごい事になると思っているから。

そして、そのデイトレーダーさんの目線に立って、実際にチャートを見ていくことにしましょう。

まずはこちらのチャートをご覧ください。

NZドル米ドルの5分足チャートです。

見事にチャネルラインが機能していますね。

ダウ理論的に考えても安値切り上げ、高値切り上げで上昇トレンドの傾向が出ています。

チャネルラインの中でトレードを考える場合、このチャネルラインは上昇しているので、チャネルライン下限でのロングエントリーを考えていくはずですね。

相場も上昇しているし、これならロングでエントリーしていけば利益が取れるはずだ!!
一刻も早くロングエントリーしないと、大きな上昇が取れなくなるからすぐにロングでエントリーしなくちゃ!!

デイトレーダーならそう考えるはずです。

ではその結果、この後にどのような値動きになったのか見てみましょう。

見事に上昇チャネルラインを下抜けして一気に下落が始まっていますね。

少しみにくいですが、チャートの上部に青い線でチャネルラインが引いてあります。

これが先ほどみていたチャネルラインです。

チャネルライン下抜けでショートをかけていく局面ですが、まぁそれは今回は置いておいて。。

こうなってくるとチャネルラインの中でエントリーを仕掛けるのは怖い!!チャネルラインは信じられない!!となってくるわけです。

事実、先ほどロングでエントリーをかけていたトレーダーさんは損切りに終わっていますからね。

損切りがまだ確実にできないトレーダーさんは資金を全部溶かしてしまうくらいの勢いで大きな含み損を抱えているはずです。

ちなみに損切りがまだちゃんとできない方はメルマガでメンタルコントロールについて無料解説しているので、是非登録して考え方を学んでください。

話を元に戻しますが、、
そうなるとやっぱりチャネルラインは信じれない!!となっちゃうわけです。。

でもこれ、あることを見逃しているだけで、チャネルラインが使えないと結論づけてはいけないのです。

どんなトレードもやっぱり相場環境

見出しにもなっているのでもうお分かりだと思いますが、、

そう、先ほどのトレードでは全く相場環境をみていませんね。

自分は5分足トレーダーだからと言って、相場環境を全くみずに5分足チャートだけでトレードをしてしまってます。

今冷静になって考えていると、相場環境をみなきゃいけないなんて常識だぜ!!

と思ってしまいますが、実際にトレードをしようと5分足チャートをみて、上昇しているとついついすぐにロングエントリーをかけてしまうんです。。

相場環境をちゃんとみること。これをまずはクセづけましょう。

相場環境の見方はこちらの記事に書いておきました。

ということで、先ほどの相場環境、4時間足での傾向をみてみましょう。

赤丸の部分が、先ほど5分足で上昇チャネルが引けたからロングエントリーを仕掛けようとした部分です。

4時間足でみると下降トレンドの中で戻り売りができるかどうかの部分です。
つまり考えるならショートエントリー。

4時間足では長期移動平均線(画面右上にある赤い線)が下向きになっていて、下落が継続している相場であることがわかりますよね。

この4時間足レベルでは下降チャネルを引くことができるということです。

ということで、いくら5分足で上昇チャネルを見つけたからと行って、相場環境をみると下落を続けている部分なので、安易にロングをかけてはいけないのです。

ロングで勝負するにしてもすぐに下落してくることを覚悟しておいて損切りをすぐにするか、すぐに利確をするか。

という考え方になってくるわけです。

まとめ

いかがでしたか?相場環境をちゃんとみておくことがいかに重要かわかっていただけたでしょうか。

チャネルラインを使ったトレードだけでなく、どんな手法でトレードするにせよ、相場環境をちゃんと認識しておくことはトレーダーなら必須の技術です。

スキャルピングでもデイトレでも関係ありません。

相場が今どういう状態なのかをわからずしてトレードすること自体、大きなリスクなのです。

中でもチャネルラインや移動平均線を使ったトレードは、もっとも基本的でわかりやすいトレード方法なのでおすすめです。

チャネルラインも移動平均線も、ちゃんと使うことで勝ち続けることはできるのです。

相場環境に準じてトレードすること。必ず心がけてくださいね!

チャネルラインを引くのが難しい!よくわからない!そんなトレーダーさんのために新しい高精度インディケーターを作りました!大好評です!!

是非ご覧ください!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する