チャネルライントレードでやってはいけないことはこれ!恐ろしい罠とは!!

チャネルライントレードでやってはいけないことはこれ!恐ろしい罠とは!!

こんにちは!Daichiです。

チャネルラインを使ったトレードについての解説を読んでいただいてますか?

だんだんチャネルライントレードについてわかっていただけてきたのではないでしょうか。

チャネルライントレード

チャネルラインの性質を知っておくことが大切

チャネルラインと聞くと、「あぁ、ラインの近くで反発を狙うだけか!」と考えがちですが、それだけでは大失敗になる可能性もあります。

あらかじめチャネルラインの性質を知っておかないと、「やっぱりチャネルラインは使えないな!」という安易な判断をしてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、チャネルライントレードをする上で、やってはいけない基本的なことを解説していきます。

王道のトレードの復習

まずはこちらのチャートをみてください。

これは僕が開発したインディケーター GSISで引かれたチャネルラインです。

紫のラインがチャネルラインです。

そしてこのチャネルラインは下降チャネルですね。ということは、相場は下げつつあるということです。

王道のトレード方法は、チャネルラインの上側でショートを仕掛けることですね。

これでトレンドフォローのトレードができます。

逆張りをしてしまう。

しかし中には待てないトレーダーさんもいます。

そういうトレーダーさんが何を考えるかというと、

チャネルの下側にタッチした時にロングエントリーをしてしまうのです。

逆張りで損をしてしまうトレーダーさんに本当に多いのがこのタイプです。

下がりすぎているからそろそろ上がるだろう。という考えです。

Twitterなんかでもこういう考えでエントリーを仕掛けているトレーダーさんをよく見かけます。

ではなぜこれがいけないのか、具体的に考えていきましょう。

先ほど申し上げたように単純に、下降チャネルの下限でロングエントリーしてしまうと、逆張りつまり落ちるナイフを掴みにいくようなトレードになってしまいます。

さらにもっとひどいことに、恐ろしい罠があります。

それは、損切りラインが時間が経つにつれてどんどん遠ざかってしまうということです。

詳しくは先ほどのチャートをご覧いただいければわかります。

こちらの画像で、チャネルラインの下限でロングエントリーを仕掛けたとします。

ちょうど青い吹き出しがあるところですね。

損切り位置は、チャネルラインを下抜けた所におくことになります。

損切りはエントリーの根拠が崩れる位置におくのが鉄則ですからね。

でもどうでしょう。黄色の矢印にあるようにエントリーしてから時間がたてば経つほど、下降チャネルなのでラインは下がってきます。

その結果、レートが下げてきて含み損になったとしても、「まだチャネルラインの中だから大丈夫」と言ってなかなか損切りをすることができなくなります。

上のチャートの場合だと、そのまま上昇してくれました。しかし、下降チャネルということは相場が下がってきているということを意味するので、チャネルを下ぬけてどんどん下がってしまう可能性が高いのです。

そんな時になかなか損切りできずにポジションを持ち続けると地獄なのはわかりますよね。

いつ損切りしよう。でもまだチャネルラインの中にいるしなぁ。。でもだんだんさがってきている。。

チャネルラインの角度が急であればあるほど、この現象は大きな損として現れてきます。

逆張りをチャネルライントレードでしてしまうことの恐ろしさ、わかっていただけたでしょうか。

まとめ

まずはチャネルラインってなんで引くのか、自分なりに考えてみてください。

僕は相場の流れを見るためです。下降チャネルになっているということは、相場は下がる傾向にあるということです。

そんな時にロングなんて考えるのは矛盾していますよね。

考えるべきは、どこでショートエントリーするかです。

チャネルラインを引いた時点で、ロングかショートかは決まるものです。

それもチャネルライントレードのすごい所なのですけどね。

そしてこのチャネルライントレードは、慣れて応用することができるようになると、デイトレで気楽にトレードすることができるようになります!!

チャネルラインはGSISが自動で引いてくれるので、迷う必要はありません。

詳しくはこちらのインディケータGSISの説明をご覧ください!

ではでは!皆さんもトレンドフォローでトレードしていきましょうね!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する