FX優位性のあるトレードを展開できるピラミッティングの具体的な方法を公開【初心者でもわかる!】

Day19

こんにちは!Daichiです。

前回はピラミッティングのメリットとデメリットについてお伝えしました。

ピラミッティングは、これからFXで大きく稼いでいきたいなら、必ず習得しなければならない技術です。

高度な技術になるので、最初離れないかもしれません。

ですが、この記述を身につけることができれば、これから先も大きな利益を短期間に手に入れることができるので、何度も練習を重ねていきましょう。

今回はいよいよ実践編になります。優位性のあるトレードをするためにはピラミッティングを習得していくことが必須となりますので、是非とも理解いただきたいです。

優位性のあるトレードを展開するためのピラミッティングの実践的な方法

優位性のあるトレードをするためにはピラミッティングは1回だけで良い

ピラミッティングは実践を重ねていくことが全てなので、まずはこの実践編での考え方を理解していただいてから、自分で何度も練習を重ねていくことが大切です。

さて、前振りが長くなりましたが、いよいよ水平ライントレードのピラミッティングについて解説していきます。

水平ライントレードにおいて、みなさんに身につけていただきたいのは、1回のピラミッティングを行うということです。

優位性のあるトレードを展開するためには、ピラミッティングを何回もしてしまったら逆に難易度が上がっていきます。

通常時のエントリーから利益が乗ってきたら、その後にもう1度ポジションを追加して、通常得られる利益の倍の利益を手に入れるのです。

ピラミッティングは、あまり欲張っているとうまくいきません。

調子に乗って何度もエントリーを積み重ねていると、トータルで利益がゼロ、またはひどい時にはマイナスになる時さえあるのです。

ピラミッティングは1回だけにすること。まずこれを覚えておきましょう。

少ないように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。1度のトレードで、本来得られるはずの利益の、約2倍を手に入れることができるのです。

これはかなり大きな利益ですよ。

損切り幅が5pips程度なのに対して、100pipsほどの利益を狙っていくわけですから、リスクの10倍以上のリワードを得られるという時もあります。

それに追加して、さらに倍の利益を得られるわけですから、とてつもない利益を叩き出すことができます。

ピラミッティングをするのは1回だけで良いのです。

トレードにおいてはある程度の謙虚さが求められます。利益を盲信しておい続けるようなトレーダーには、良い結果は待ち受けていません。

謙虚でありながらも、大きな利益をドカンととっていきましょう。

気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは典型的なコツコツドカンの状態の逆の状態を作り出していることになります。

一般的にコツコツドカンというと、コツコツと利益を積み重ねていたのにある時突然ドカンと負けるという状態を指しますよね。

そのドカンという状態においては、大体のトレーダーさんがナンピンを行っています。

早く楽になりたいという気持ちから、ポジションを追加して平均取得単価を移動させるのです。

ピラミッティングはまさにこの逆をいく考え方で、利益が出たらさらに増し玉を行って、さらに利益を取りに行くという方法になります。

ピラミッティングを水平ライントレードで実践する具体的な方法

ピラミッティングを行う回数が決まったところで、次は水平ライントレードにおいてどのようなポイントでピラミッティングをするのかについてもお伝えします。

水平ライントレードは普通4時間足で引いた水平ラインでエントリーをかけていきます。

ところが、この時間足をベースにトレードしていると、なかなかピラミッティングができるポイントを見つけることができません。

そこで、ピラミッティングをする場合は、トレードする時間足をより細かい時間足で行っていきます。

ピラミッティングをする場合は、本来のエントリーポイントから含み益がでた状態で行っているので、より優位な立場でエントリーをかけることができます。

含み益が出ているということは、その方向へのトレンドがある程度で始めているということにもなります。

トレンドが出始めている可能性があるということは、ある程度細かい時間足でエントリーをかけたとしても、そのエントリーの方向に相場が動く可能性が高いということでもあります。これはトレンドフォローの考え方でもありますが、トレンドが出始めている方向に対してのエントリーはやりやすいです。

そのため、細かい時間足を見ながら調整を行い、ピラミッティングのエントリーポイントを探すのです。

チャートをチェックする時間を30分に1度などにすることができるような方は、5分足でのピラミッティングエントリーをかけても良いでしょう。

または、30分足とかの細かい時間足を使うようにするのです。

使う時間足が決まったところで、ではどのようにピラミッティングのエントリーをかけるのかというと、それは水平ライントレードでのエントリー方法と全く同じ方法でエントリーをかけるようにします。

トレードする時間足が変わるだけで、エントリーする方法などは一切変えないのです。

そもそも、エントリーするポイントなどはどの時間足で見ても同じ考え方で通用するものです。

なので、5分足なら5分足で、エントリーするための水平ラインを引いてから、エントリータイミングを待つことになります。

ここで注意しておきたいのが、水平ラインブレイクでエントリーをかけないということです。

必ず、水平ラインでの反発やブレイクが騙しになってからの戻りのポイントでエントリーをかけるようにしましょう。

例えば、ショートでエントリーをかけておいたとして、含み益が乗ってきてピラミッティングのポイントを探そうとしている場合、5分足で水平ラインを引いてピラミッティングのエントリーポイントが車で待ちます。

そしていざ水平ラインにタッチしたものなら、逆ばりでショートのポジションを追加するわけです。

決して水平ラインを下に抜けた後の追っかけショートだけはしてはいけません。

つまり、ショートでピラミッティングをする場合は、ある程度の戻りを待ってから戻り売りを入れていくということになります。

しかしこの戻りが生じている場合は、最初にエントリーしたポジションの含み益がある程度減ってきている状態になっているはずです。

含み益が減ってきているという事実がある限り、なかなかこの状態でピラミッディングを行うことはメンタル的に考えて、難しいかもしれません。

これがピラミッディングという技術の難しさでもあります。

しかしこれも、恐怖に対する考え方を応用することで解決することができます。

水平ライントレードを行うにあたって、エントリーに対する「恐怖」があるということを覚えていますでしょうか?

この恐怖に対応するためには、どのように考えたら良いか、どのように乗り越えないといけないか、過去の講座で勉強しましたね。

ピラミッディングを行う時も、このエントリー時の恐怖に対する考え方を応用していきます。

全ての根底にある考え方は基礎の部分にあるのです。

結局、この恐怖を乗り越えてピラミッディングを行わないと勝つことはできないのです。

ピラミッディングを簡単に考えてるトレーダーが多く、さらにそれで損失を出してしまうトレーダーが多いのは、このピラミッディングに対する正しい考え方と、基礎の知識がないことが原因なのです。

ピラミッディングは難しい高度な技術であると言うことを忘れないようにしましょう。

ここまで理解を深めてくださったみなさんなら、これから検証ツールを使ってピラミッディングの練習をしていくことで、だんだんとその技術を身につけることができるでしょう。

是非とも頑張ってください!全ては練習あるのみです!!

           
 必ず読んでおきたいFX本【無料!】  
 

FXトレードを勉強するなら必ずこの本を読んでおきましょう。最低限の知識で必要です。

 

なかなかちゃんとした本も少ないですが、しっかりと基礎から学べる本なので本当におすすめできます。  

 

この本を読んでからFXの成績もかなり変わりました。  

しかもいまなら無料プレゼント中です!今のうちに入手しておきましょう。  

 無料でおすすめFXの本を入手する(大衆心理を利用したトレード方法)

         

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する