FXトレード検証のおすすめのやり方!恐怖を克服して勝ちトレーダーになるための勉強方法を公開!

Day11

こんにちは!Daichi です。

これまでエントリーポイントとそれに対する考え方について説明してきましたね。

エントリー方法を知ったとしても、エントリー技術を高めないと結局トレードは上手くならないということ。

聖杯探しのからくりの一端が明らかにされた形ですね。

この技術を知らないとどんな手法も操れないのです。

極論をえいば、逆にこの技術を知っておけばどんな手法でも使いこなすことができるようになります。

手法は大事ではない、といわれる意味も理解できますね。

FXトレードの恐怖を克服する本質的な方法とは

恐怖を本当の意味で克服するには検証するしかない

さて、恐怖への対処方法にはロットを抑制する方法があることをお伝えしましたが、実はまだ他にも方法があります。

もちろんロットを抑制する方法はとても有効なのですが、もっとハイスピードで成長する方法もあるのです。

それが、検証ツールを使った検証です。

検証はわかってはいながらも疎かにされがちで、そのせいでなかなかトレードが上達しない生徒さんがとても多いです。

実はトレードをするなら検証ツールを持っていないと話にならない。というより勝てるようになるまで10年以上かかってしまうこともあります。

相場歴10年、というトレーダーさんでも全く勝ててない方は、検証を疎かにしている可能性が高い。

今回は、恐怖に打ち勝つもうひとつの有効な方法として、検証について説明していきます。

まず、おすすめの検証ツールについてはこちらで紹介してます!

まだ検証ツールがない方は手に入れておきましょう。

FXトレードの恐怖の根底にあるのは手法に対する信頼

トレードの恐怖に打ち勝つには、どうしたら良いのでしょうか。

それは、トレード手法に対する信頼があるかないかで決まってきます。

この手法でトレードしていけば、トレードを繰り返していけば利益が増えていくんだ、という手法に対する信頼がないと、リアル口座で実際にそのトレード手法をつかうことはできません。

信頼がないと、どこかでルールを破ってしまうのが人間です。

エントリーのタイミングが遅れたり、損切りが遅れたり、利益確定のタイミングが早くなったり。。

どこかに歪みができてしまい、その結果利益の出ないトレードをしてしまいます。

さらにそうなると、もともとトレード手法に対する信頼もないので、そのトレード手法自体をやめてしまい、他の手法に転向してしまいます。

これこそ聖杯探し、手法探しの旅の本質的な原因です。

ここまで深く原因を知っておかないと、いつまで経っても手法が固まらないのもうなづけます。

このように、恐怖に対する対処と、聖杯探しに対する対処は、検証をすることによって解決することができます。

検証をするには検証ツールが必須です。

すでに完成されたチャートを眺めても全く意味がありません。本能的にこれからどうなるかわかっている状態で検証を進めることは不可能だからです。

これは僕も昔経験があるのですが、検証ツールを買うお金がもったいなくて、完成されたチャートを横にずらしながら検証をしていたことがあります。

結果的にこれは全く意味がありませんでした。

ちょっとだけズルいことをしながら、自分はよくわかっているんだ、と言い聞かせてチャートの全てがわかるかのようにチャートを眺めていました。

人は自分がわからないことはない、完璧なんだとどこかで言い聞かせたいものです。

ちゃんとした検証ツールを買って検証しないと、本当の意味での検証をすることはできないのです。

検証ツールをまだ持っていない方は必ず買っておきましょう。

検証ツールで検証するポイントは、これまでに勉強した水平ラインを引く方法と、水平ラインを使ってエントリーをかける部分です。

検証する時にはリスクリワードを必ず意識しておきましょう。

意識していないと利益はでません。

検証ツールを使ったFXトレード練習の具体的なやり方

ここで、検証ツールを使った検証でおすすめの方法をお伝えします。

まず、ツールに3つのドル円チャートを表示させます。

日足、1時間足、5分足の3つです。

それぞれのチャートにインジケータは何も表示させなくてオッケーです。

インジケータは動的分析の部類に入り、難易度が高いですし、さらにインジケータを表示させることによって余計な考えをしてしまう可能性があります。

水平ライントレードの検証なので、それ以外の要素は排除しないと、検証の意味がありません。

チャートを表示させたら、次は1時間足と日足のチャートそれぞれで水平ラインを引きましょう。

ここから訓練は始まっています。

これまで学習したことを思い出しながら、または過去の講座を読み返して復習してから、水平ラインを引いていきましょう。

水平ラインを引ける箇所には意識しておかなければならないポイントがありましたよね。

水平ラインが引けたら、次は5分足のチャートでローソク足をひとつずつ進めていきながらトレードをしましょう。

1時間足、または日足の水平ラインに到達したら、これまでに勉強してきたエントリー方法を使って、エントリーをしかけましょう。

あくまで五分足をベースに検証を進めていきます。

エントリーの時には、Oceanトレードノートを読んでる方はそれも思い出しながらチャートを追っていくようにしましょう。

大きく変動がおきて、現在の価格の上下に水平ラインが存在しなくなった場合は、1時間足と日足のチャートで水平ラインを追加していきます。

そして、それに沿ってトレードをすることを繰り返します。

ドル円の2000年から2010年くらいのチャート、10年間分でトレードを繰り返していくと良いでしょう。

最初は慣れないですが、やっていくうちにだんだんと慣れていきます。

そして10回、20回とトレードを繰り返し、気づけば数百回のトレードを行なっているでしょう。

逆にこれくらいトレード検証、トレード練習を繰り返して、やっと手法に対する信頼が持てるようになってきます。

野球選手が何回も素振りをして練習をしているように、トレーダーも何回も検証ツールを使って練習しなければならないのです。

ここでどれだけのトレード練習量をこなすかで、リアルトレードでどれだけ上手くトレードできるかが決まってきます。

これをやらないと、10年後もあなたは負け続けることになります。

さて、このように検証をする方法と、検証をすることの重要性が分かったところで、早速今日から検証にとりかかりましょう!

後回しにすることは何事でも悪手となります。

検証の準備を進めていきながら、これからの講座もしっかりと勉強していきましょう。

なぜなら、まだトレード技術を全てお伝えできてないからです。

今はまだ、エントリー方法とその時の恐怖に打ち勝つ方法をお伝えしただけにすぎません。

エントリーよりも難しいのが、利益確定の方法なのです。

利益確定の方法や、ロット設定の方法、それに合わせたメンタル管理の方法、トレードする時間足の決定、そして色々な応用。。

どれも大切なことなので、ゆっくり勉強していきましょうね!!

これからは検証を進めながら、これから勉強することを検証ツールで少しずつ実践していき、アウトプットの幅を広げていきましょう!!

アウトプットキャンペーン実施中!!

現在毎月100pipsを取れるようになる無料講座をメルマガ配信しております!

この記事もその1つですが、現在アウトプットしてより知識を深めていただいたやる気のあるトレーダーには無料プレゼントキャンペーンをしています!

毎月100pipsを取れるトレード講座の詳細はこちらをクリック!

まずは下のフォームから無料メルマガ登録をして無料講座に参加しましょう!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する