2020.02.06

コピートレードは絶対にやめておいた方が良い理由

(メルマガ会員限定コラム) コピートレードをやる意味

コピートレードの勧誘も最近目立ってきました。

ある一人のトレーダーがエントリーしたタイミングでまったく同じポジションみなさんの口座でもとるようにして、決済タイミングもまったく同じタイミングにするというものです。

そのトレードをコピーするトレーダーさんが本物なら、コピートレードをすることで大きく稼ぐことができます。

ではなぜ、そのトレーダーさんはコピートレードをするのでしょうか。

それは、みなさんにコピートレードをやってもらうことで報酬が入るからです。

それはアフィリエイト報酬だったり、月額料金だったり、、

あとは趣味とか、暇つぶしとか、知名度をあげるためとか、そういう動機でコピートレードをします。

中には本当に利益を継続して出し続けることのできるコピートレードも存在します。なので、コピートレード自体は否定しません。

ちなみに、コピートレードの主になるには金融庁からの許可が必要です。

まぁそんなこんなでコピートレードというものは、より手っ取り早く利益をあげるための一つの手段です。

さて、ここでこのような投資案件をするときにみなさんに一つ考えてもらいたいことがあります。

それは、その案件に手を出すことで、数年・数十年単位で利益を出し続けられる可能性があるのかどうか。ということです。

コピートレードは、その性質上、中心となるトレーダーさんがトレードをしてくれないとエントリーもしませんし決済もされません。

ということは、そのトレーダーさんがトレードをやめてしまうと、その瞬間に利益も何も出なくなるということです。

全ては中心となるトレーダー次第なのです。

もし、他のトレーダーのコピートレードをしようとしても、乗り換え先のトレーダーが本当に信じられるかわかりません。

利益を出し続けることのできるトレーダーを見つけるのに苦労するでしょう。そして、乗り換え先の信頼できるトレーダーを見つけられないと利益は保証できません。

詐欺にあって損を出し続けるコピートレードに当たる可能性もあります。

全ては相手に依存する案件なのです。

このような投資案件には、儲かる儲からないを抜きにして手を出さない方がいいです。

どう考えても長期的な利益には繋がらないですからね。

何かきになる投資案件に出会った時は、「継続できるかどうか、相手に依存しないかどうか」を判断基準にしてみるといいですよ!

例えば自動売買ツールですが、これは継続して続けられるかどうかは誰か他の人に依存するわけではありません。

ツールを動かすかどうかは自分で決めることができます。

そして、いつやめるかも自分で決めることができますね。

そういった意味で、自動売買のようなツールに頼ることは一つの選択肢に入れてもいいのです。

あとはそのツールが本当に使えるかどうかを見抜けばいいだけです(まぁこれがとても難しいのですけどね)

自分自身が下す全ての意思決定は、自身の目標と明確な判断基準によって行われるべきなのです。

例えば、FXをやっているのはなぜでしょうか。継続してお金をたくさん稼ぎたい。お金持ちになりたいからではないでしょうか。

決して損したいからではないはずです。

それなら、継続してお金を稼ぐためには、継続してお金を稼ぐ方法を見つけなければなりませんね。

その1つの方法としてFXがあるわけであって、FXで勝つためにはFXのトレード理論を勉強したり、ツールにたよったりすればいいわけです。

継続的に稼がなければならないので、誰か他の人に全てを依存するような方法には頼ってはいけませんね。

目的と手段を明確にしておくと、大損を食うようなことは無くなりますよ。

ご参考にどうぞ。

ちょっと小難しい話をしてしまったのですが、FXトレーダー大学でツールを提供しているのは、なかなか勉強してもメンタル的な問題でFXが上手くなれない方のためなのです。

緻密に計算されたロジックにしたがって機械的にトレードすれば、FXは難しくありません。継続に勝ち続けることも可能です。

FXは楽しいものですからね!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する