デイトレード戦略 チャート分析 ユーロドル – 2020年7月上旬

2020年7月上旬のユーロドルのトレード戦略です。

デイトレードの戦略ですが、使うのは1時間足レベルよりも大きい時間軸でトレードをしていきます。

そのため、1〜2週間はトレード戦略がそんなに変わるわけではないので、ある程度日数が経っても有効です。

焦らずにチャートを冷静に分析してトレードをしていきましょう。

また、僕のトレードでは、マルチタイムフレームで相場を客観視して、総合的に優位なポイントを探していきます。

そして、トレンドフォローする形でエントリーをかけるのが大原則としています!

トレード戦略を立てるにあたっての基本的な考え方は別の記事にまとめています。

みなさんのトレード成績が少しでもよくなるように、僕が積み重ねてきたことを包み隠さず、丁寧に書いています。

重要な “トレードに対する総合的な考え方” はこちらの専業コースカテゴリで解説しているので少しずつ、ご覧ください。

▼下の画像をクリックしてトレードの勉強をする

また僕は、各時間軸の200 SMA だけをインジケーターとして表示させて、チャネルラインと組み合わせる分析をしています。

200SMAを使ってチャート分析をしていると、時間軸を変えてしまうとSMAの形が変わって色々混乱してくることがあります。

そこで、一つの時間軸で複数の時間軸でみたSMAを1度に表示させられるようなインディケータも開発しました。

チャート分析では、この独自開発したインジケーターを使っていきます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

▼画像クリックして使用している Trading View インジケータの説明をみる

では早速チャート分析をしていきまっしょい!!!

デイトレードのためのチャート分析

月足チャートの分析 (環境認識)

まずは月足チャートからみていきましょう。

月足チャートの相場環境認識

月足チャートを見てみると、右肩下がりの下降トレンドになっています。

そのため超長期的にはショートを狙っていくのが有効な策ですが月足レベルのチャートなのでまだポジションの方向は決めることはできません。

ここで見ておきたいのが、 下降チャネルの上限に相場が向かいつつあるということです。

そのため、この上限ライン にタッチすると一気に大きな下降トレンドが発生し得るということです。

ですが移動平均線を見てみると相場の上側に位置していて、傾きが割と水平になっていますね。

ということは、 月足レベルで見ると大きなレンジ相場になっていると捉えることができます。

下降チャネルが引けているので、この下降チャネルの上限に、 タッチすると 大きな下降トレンドに入っていく可能性もあるが、

移動平均線が水平なので、下に押さえつける力はこの移動平均線にはありません。

つまり、この下降チャネルを大きく上抜いて、
移動平均線の上まで相場が上昇していく可能性もあります。

月足チャートだけで総合して考えると、直近ではこの下降チャネルに押されて下降トレンドが発生するかもしれないけど、超長期的に見るとこの下降チャネルを上にブレイクして上昇していく可能性も否定はできないと考えられます。

あくまで月足チャートの考え方なので、 この相場観を直接トレードに活かすことはありません。

この下降チャネルを信じて月足レベルのチャートだけをみてショートを入れるのは、少し危険であると考えられます。 

[結論]
下降チャネルに押されて下降トレンドが発生するかも??
でもチャネルラインを上にブレイクする可能性も捨てきれない!

週足チャートの分析(環境認識)

次は週足チャートをご覧ください。

週足チャートの相場環境認識

週足レベルのチャネルラインも下降トレンドとなっており、さらに移動平均線は水平になってきています。

そしてこの200SMAで、何回も反発をして上ヒゲをたくさん作っている事がわかりますね!

この200SMAを抜けきれないと、今度は下降トレンドに入ってくる可能性が高くなります。

リスクリワード的に考えても、今ショートを狙うのが得策です。

200SMAを上抜いてきたら、損切りを入れるだけなので。

チャネルラインでも、下降トレンドである事がわかり、さらに移動平均線によって、反発を食らっていることがわかるので、現在上昇の勢いが弱まってきていると言えます。

これから、下げてきそうなので、ショートでエントリをかけるタイミングを探していくのが良いかもしれません。

[結論]
週足チャートでは移動平均線に抑えられてこれから下落してくる可能性あり!

日足/4時間足チャートの分析(戦略立案)

次は日足チャート・4時間足チャート・1時間足チャートです。

これが日足チャート

これが4時間足チャート

さらにこれが1時間足チャート

チャネルラインでみたチャート分析

4時間足レベルでのチャネルラインは、上昇トレンドになっています。

なので普通に考えるとロングを狙っていくのが無難な立ち回りになりそうです。

しかし一方で、週足レベルの下降チャネルの上限に到達しているというショート目線のトレーダーも多くいそうですね。

そのため、何も考えずにチャネルラインの下限に来たから、ロングエントリーをかけてしまうと、週足レベルでショートを狙っているトレーダーに大きく押されてしまうかもしれません。

週足レベルの下降チャネルと、4時間足レベルの上昇チャネルに挟まれて、三角保ちあい、となっています。

そのため、ここでロングを入れるのは怖いでしょう。

移動平均線でみたチャート分析

ここから冒頭で紹介した、僕が開発したインジケーターが役に立ちます。

ピンク色の線が 日足で見た200 SMA です。

青色の線が 4時間足で見た200 SMA です。

オレンジ色の線が、1時間足でみた200SMAです。

この3本の移動平均線の位置と傾きに注目していただきたいです。

移動平均線を見てみると、パーフェクトオーダーを形成していて、明らかに右肩上がりの上昇トレンドを築いていることがわかります。

普通に考えるとここでロングを入れていきたい形です。

チャネルラインの上昇に沿う形で、青色の4時間足200SMAが上昇してきています。

そしてさらにオレンジ色の1時間足200SMAがサポートに入る形で、上昇トレンド継続のサインを出してきてますね。

総合的なチャート分析

チャネルラインを見ても、移動平均線を見ても、ロング目線でトレードをしていきたい局面です。

完璧な上昇エントリーチャンスですね!

後ほど全体的な判断を書いていきます。

結論:移動平均線もチャネルラインも上昇サインを出していてまさに現在ロングエントリーに優位な位置!

チャート分析から決定!今後のトレード戦略

チャート分析が一通り終わったので、これまでの環境認識とトレードする時間軸からの分析結果から、これからのポジション戦略を決めました!

直近ではショートを狙っていきます!!!

ショート目線

いくら4時間足レベルの移動平均線とチャネルラインが上昇サインを出していると言っても、週足レベルの下降チャネルは見逃せません。

さらに、週足レベルでは200SMAに何回も阻まれて、上ヒゲを何回もつけています。

こう言った値動きをしている場合は、上がり切らずに下がっていくパターンが多いです。

そのため、これからはショート目線でチャートを見ていきたいと思います。

と言っても、すぐにショートのエントリーをかけるわけではなくて、4時間足レベルのロング目線が崩れた時に、どんどんショートをかけていきたいと思います。

具体的には、4時間足レベルの上昇チャネルを下にチャネルブレイクした時がチャンスになりそうです。

さらに、4時間足, 1時間足の移動平均線が下向きになった時に初めて、自信をもってショートエントリーができそうです。

ロング目線

とはいえ、4時間足レベルの完璧なロング目線は無視できません。

もしも、週足レベルの下降チャネルを上に抜けてくることがあれば、上昇トレンド継続として、安心してロングのエントリーを狙っていく局面になりそうです。

どちらでエントリーするにしても、総合的に考えて安心してエントリーできる状況になるまで待ちたいと思います。

[トレード戦略の総合結論]
ショートエントリーを狙う!!
ただし、しばらく様子見して、日足以下の3ほんの移動平均が下落サインを出すまで待ちます!!

FXをこれから始めようと思っている方、はじめてみたけど怖くてなかなか取り組めていない方、何年もやってるけど全然トレードがうまくならない方のために個別指導をさせていただいてます。

詳しくはコンサルティング募集のページをご覧ください。

▼コンサルティングの詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する