2020年7月上旬 ニュージーランドドル米ドル トレード戦略

2020年7月上旬のニュージーランドドル米ドルのトレード戦略です。

スイングトレードなので、1、2週間はトレード戦略はそんなに変わらないので、ある程度日数が経っても有効です。

マルチタイムフレームで相場を客観視して、総合的に優位なポイントを探していきます。

戦略を立てる上で重要な「トレードに対する総合的な考え方」はこちらの専業コースカテゴリで解説しているのでご覧ください。

https://fxtrader-university.com/sengyo/

僕のチャート分析では、各時間軸の200 SMA だけをインジケーターとして表示させて、チャネルラインと組み合わせる事で、チャート分析をしていきます。

戦略を考える上でこのインジケーターを使っていきます。詳細はこちらの記事をご覧ください。

では早速みていきまっしょい!!!

チャート分析

月足チャート

まずは月足からみていきましょう。

チャネルラインでみた相場感

時間足が大きいので、チャネルラインも移動平均線も分析対象外にします。

移動平均線でみた相場感

時間足が大きいので、チャネルラインも移動平均線も分析対象外にします。

総合的な相場感

月足で見るとここ最近は右肩下がりの相場になっていることがわかります。

もう少し細かい時間足で見ると右肩下がりのチャネルラインが行けそうな形になっていますね。

ここで赤い 水平なラインを2つ引いています。

これは月足レベルでも反発が強くかかる重要な水平 LINE だと捉えることができます。

この赤い水平ラインを抜ける期待をして、ポジション持ち続けるのは少し無理があると考えるので、もしポジションを持ったとしてもこの赤い水平ラインには十分注意してトレードを行っていこうと考えています。 

週足チャート

次は週足チャートをご覧ください。

チャネルラインでみた相場感

大きな時間軸になるので割愛です。

移動平均線でみた相場感

移動平均線 200SMA を見ると、右肩下がりになっていることがわかります。

移動平均線が若干ではありますが、右下に傾きを作りながら下落していますね。

つまり週足レベルでもショートが優勢な相場感覚になります。

そして現在!その200 SMA に近づく形で上昇が続いています。

この200 SMA の反発に押されて近々下落が始まる可能性もあるので、それを視野に入れておきます。

総合的な相場感

赤い水平ラインは気にしておかなければなりませんが、 週足レベルでショートを狙っていけそうな相場の形になっています。

移動平均線も右肩下がりになってきているので、もしかしたらこれからショートを狙っていけるかもしれません。

日足/4時間足チャート

次は日足チャート・4時間足チャートです。

これが日足

これが4時間足チャート

これが1時間足チャート

チャネルラインでみた相場感

まず日足と4時間足レベルでチャネルラインを見ると、大きくは下落が続いている下降チャネルとなっているのがわかります。

つまるところ、この下降チャネルの上限でショート打っていくのが得策と言えるでしょう。

そして今まさにその下降チャネルのラインに到達していることがわかります。

そのため、絶好のショートポイントであると考えています!!!

これはTwitterでも書きました!!

一旦軽くショートをうっています。

ですが気にしておかなければならないのは、 まず一時間足レベルでのチャネルライン は上昇になっていると言うことです。

この上昇チャネルラインに沿ってこれから上昇していくことも十分に考えられるので、ショートを入れているからといってこれから必ず下がってくるという淡い期待は持たないようにしておきましょう。

移動平均線でみた相場感

ここで僕が作ったインジケーターが役に立つのですが、

ピンク色の線が 日足で見た200 SMA です。

青色の線が 4時間足で見た200 SMA です。

オレンジ色の線が、1時間足でみた200SMAです。

日足と、4時間足、1時間足、 どの移動平均線を見ても右肩上がりの上昇トレンドとなっています。

先ほど チャネルラインを見てショート打ったと書きましたが、 これは打診売りであって、まだ本格的にされてくる可能性は低いということを重々承知で、エントリーしました。

つまりどの移動平均線も右肩上がりに向かっているということは、 今高い圧力が残っているということを指します。

下降チャネルの上限にいて、 非常に有利なショートポイントではありますが、これからすぐに下がってきて大きな利益を出してくれるとは考えにくいでしょう。

本来は少し待って、移動平均線が水平に近い形になってその後右肩下がりになってくるトレンド転換を起こした時にエントリーをかけるのが無難です。

僕も移動平均線の方向けに着目しながらトレンドの転換点を見て本格的に消灯を打ち込んで行こうと考えています!!

総合的な相場感

チャネルラインの上限にあることで、非常に有利なポイントでショートのエントリーをかけることができそうなチャートの形になっています。

しかし、これからこのチャネルラインをぶち破って上昇を続けていくことももちろん考えられます。

移動平均線を見ても日足・4時間足・1時間足、 のどれもが上昇を続けている形になっているのでしばらく様子を見ても良いかもしれません。

ショートを入れるにしても、本格的なロットでポジションを入れるのではなくて打診売りという形で一旦少ないロッドでポジションを持っておくのが 得策と言えそうです。

チャネルライン上では絶好のショートポイントだけど、 まだ買いの圧力が強そうなので、もう少しだけ様子を見る戦略が真っ当なトレード戦略だと言えるでしょう。

トレード戦略

ショートを狙いにいきましょい!

ということで、これから大きくショートを狙っていくような相場になっていきそうです。

ロングを狙うにはあまりにも有利なポイントが見つからないので、 ショートでポジションをとっていくのが無難な立ち回りになっていきそうです。

しかし、僕の開発したインジケーターを見ると、移動平均線がどれも上昇に傾いているので、 今すぐに下がっていくとは言い難い相場です。

もちろんこれからガクッと一気に下がっていくことも、可能性としてはあります。

その時のために軽目のロットでエントリーをしているという形になります。

なかなかいい相場の形になっているので、追っかけロングなどはしないように、 堅実にショートを狙っていくようにしていきましょう!!!! 

ショートいっぱつ!!!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する