2020.07.11

FXが上手になる本の選び方

(メルマガ会員限定コラム) どの本を読んで勉強すればいいの?

FXが上手くなりたい!それはFXをやる人全員が思うことです。

中には勉強熱心な方も少なからずいます。そういうトレーダーが上達するために試みる方法が、FX関連の本を読むということです。

もちろん、本を読むこと自体は素晴らしいことですし、本は多くの有用な知識を与えてくれます。

でも、本を読むといっても手当たり次第、気になった本を読むだけではFXは決して上手くなりません。

むしろ、本を読むこと自体があなたのFX上達を遠ざけてしまうことだってあるのです。

FX初心者本

まず、FXを始めたばかりの人は最初にFXに関する基本的な知識に関する本を読むでしょう。

FXってどんなものなのか? FX用語ってどういう意味なのか?そういう入門本です。

これ自体は必須の知識なので、最初に絶対読んでおくべきですね。今は無料でネット上に入門知識が書いてあるページがいくらでもあります。

FXトレーダー大学でもそこらへんの基本的な知識は書いてます。

これを知っておかないと、他の本を読んだ時に全く意味が理解できませんからね。

ここまでは問題ありません。

重要なのはこの次からです。ある程度知識が身についた方の本の読み方は人によって異なってきます。

体験談が書かれている本

まず、FXで稼げている人たちの経験談みたいな話ばかりが書かれた本もありますね。

最初はコンビニ定員だったけど、FXを勉強して今やこんだけ稼げるようになりました。

というような自慢話がひたすら書かれているような本です。

読んでいると夢があるし、なんだかワクワクします。

でもこのような本は、「FXが上手くなるか」と言われると、全く効果がありません。

ただ金持ちになった人の体験談を聞くだけで金持ちにはなれないのと同じで、あなたのFXスキルをアップさせるような本ではないからです。

しかもそういう本には、どのような勉強をしてどのように工夫したか、重要な部分が書かれていません。

大事な部分が隠されているのです。

ただの自慢話の本は、読んでいて夢を与えてくれはしますが、読む価値は全くありません。

時間のムダムダ!

手法について書かれている本

次に手を出すのがFXトレードの手法が書かれている本です。

「ボリンジャーバンドで楽々毎月5万円!」などそういったタイトルの本をよく見かけますね。

楽に稼げる系の文言が書かれていない本は、ためになる知識が書かれていることもあります。

GMMAを使ったトレードとか、平均足を使ったトレードとか、ラインブレイクを使ったトレードとか、いろんなトレード方法があります。

自分のトレードを磨くために読む価値はあるかもしれません。でも3冊ほど読めば十分です。

読まなくてもいいくらいです。

人それぞれの手法があるので、トレード手法自体は千差万別です。

本には書かれていないその人にしか分からないこともあったりするので、その本だけでトレードが上手くなるかというと、微妙です。

あまりたくさん読まないほうが無難です。

というのも、たくさんそういう本を読んでると、結局その本に翻弄されて自分の手法が固まらないからです。

本に翻弄される。。ぷ

そういうトレーダーが行き着く先は、手法コレクター・聖杯探しトレーダーと言われる、いつまでたっても負けトレーダーの領域から出られない病気になることです。

手法に関する本は、読んでも3冊までにする!

たくさん読んでも意味ないよ!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する