2020年6月下旬 ニュージーランドドル円 トレード戦略

2020年6月下旬のニュージーランドドル円のトレード戦略です。

スイングトレードなので、1、2週間はトレード戦略はそんなに変わらないので、ある程度日数が経っても有効です。

マルチタイムフレームで相場を客観視して、総合的に優位なポイントを探していきます。

戦略を立てる上で重要な「トレードに対する総合的な考え方」はこちらの専業コースカテゴリで解説しているのでご覧ください。

https://fxtrader-university.com/sengyo/

ちなみに、以下の解説でチャート上に引かれているオレンジ色の線は、単純移動平均線です。

200 SMA を表示させています。

僕のチャート分析では、この200円 SMA だけをインジケーターとして表示させて、チャネルラインと組み合わせる事で、チャート分析をしていきます。

では早速みていきまっしょい!!!

チャート分析

月足チャート

まずは月足からみていきましょう。

チャネルラインでみた相場感

月足チャートのレベルでは方向感がなくてチャネルラインをひけません。

なのでチャネルラインはひいていません。 

移動平均線でみた相場感

月足チャートのレベルではOANDAチャートの履歴足りないのか、200SMAが引かれません。。。

総合的な相場感

チャネルラインや移動平均線による相場分析はできませんが、値動きを見る限りレンジ相場になっていることがわかります。

そして赤い水平線を引いています。

 この水平線を基軸に、 反発しやすいように見えるのでレンジ相場の中でも特に注意すべき拡大として水平ラインを明示しておきます。

ちょうど今この赤い水平ラインに到達して、反発するかどうかの節目であると言えるでしょう。

週足チャート

次は週足チャートをご覧ください。

チャネルラインでみた相場感

チャネルラインは右肩下がりの下降チャネルを築き上げていますね。

そしてこの右肩下がりの下降チャネルは何度も反発を繰り返しているのでかなり有用な チャネルラインだと言えます。

今まさに直近の2週間3週間ほど前にこのチャネルライン上限にタッチして下落を始めているところです。

もしもこのままチャンネルラインを上にブレイクせずに、押さえ込まれることがあれば、大きく下落トレンドを取れるのではないかと考えています。

週足チャートレベルでの下降トレンドの上限にいるのでかなり優位性の高いトレードができると考えられます。

ショートのエントリーポイントを探したいチャートの形になっています。 

移動平均線でみた相場感

移動平均線に関して言えば、現在右肩下がりの移動平均線を築き上げていて、値動きも移動平均線の下で推移しています。

ということで移動平均線に関してもショート狙いで立ち回っていくのがトレンドフォローになっており、相場原則に従っているトレードができそうです。

しかしちょっとここで注意しておきたいのが、 移動平均線の角度がだんだん緩やかになってきているということです。

もしかしたらこれから水平に移動平均線がなっていく可能性があり、 水平になるということは、 値動き的には上昇の一時的なトレンドが、発生する可能性があるのです。

総合的な相場感

総合的に考えると、 トレードの立ち回りとしては圧倒的にショートを狙っていくのがいいでしょう。

しかしながら移動平均線の角度に着目すると上昇の余地も若干残されているので、

損切りされる 可能性も視野に入れながら慎重にトレードしていきましょう。 

日足チャート

次は日足チャートです。

チャネルラインでみた相場感

チャネルラインは週足でみているものと同じなので、考え方も同じデェス。

移動平均線でみた相場感

日足レベルの移動平均線で見てみると、値動きが移動平均線の上で推移しており、 さらにその移動平均線に下支えされているように見えますね。

そのため安易にすぐショートを打てるような局面ではなさそうです。

この移動平均線に支えられて上昇してくる可能性があるからです。

ですが、 逆にこの移動平均線を下抜けて来ることがあれば、 日足レベルで強い買い支えは 無くなるのでとてもチャンスになります。

総合的な相場感

チャネルラインは下降トレンドなのでショートを狙っていきたいです。

しかし移動平均線に買い支えられる可能性もあるので、 すぐにショートを入れるのではなくて数日様子を見るのが得策と言えるでしょう。

今すぐにショートを入れてしまうと早漏すぎて、 彼女に嫌われちゃうレベルです。

上昇してきたとしてもしばらくはこのチャネルラインで遷移していくことを前提に、 ショートのタイミングを狙っていきたいですね。

4時間足チャート

続いて4時間足チャートです。

4時間足では、4時間足レベルでのチャネルラインを引いています。

チャネルラインでみた相場感

 四時間足レベルでのチャネルラインは上昇チャネルとなっています。

しばらくこのチャネルラインの中で上昇トレンドを築き上げていたのですが、 ここ最近この上昇チャネルを下回ってきました。

最初はやる気があってジムに通って筋トレをしていた僕が、 だんだんとやる気がなくなってジムにすらだんだん通わなくなったような様子を彷彿とさせ、勢いがどんどん弱まってきています。

これからチャネルラインブレイクをしてくれば、ショートをどんどん狙っていきたいような局面です。

移動平均線でみた相場感

移動平均線を見てみると上昇していることがわかります。

そのためこの上昇の移動平均線の角度に引っ張られる形で一時的に上昇してくる可能性があります。

なのですぐにショートエントリーはかけづらい、 まだまだロングを狙っているような人がわんさかいるような相場環境です。

このまま移動平均線の上昇の勢いが弱まってくれれば、安心してショートを打てるような局面になりそうです。


総合的な相場感

しばらく上昇を繰り返してきて上昇チャネルラインを形成していましたが、 だんだんとやる気がなくなってきて上昇チャネルからも外れてきそうです。

しかし移動平均線を見るとこれまでのやる気を見せた相場環境に引っ張られる形で、 まだまだロングを狙っていけるような角度を形成している様です。

諦めの悪い 輩がどんどんとロングを入れてくる可能性があるので、 そんな人達に資金を奪われないようにするためにも、 すぐにショートを入れるのは危険と言えます。

まだまだロングだぜ! という人が減ってきたタイミング、 すなわち移動平均線が水平になってきて、これから下落に転換するようなタイミングを見計らってショートエントリーをかけるのが無難そうです。 

1時間足チャート

1時間足チャートはこんな感じ

チャネルラインでみた相場感

チャネルラインは4時間足で引いたものと同じなので、割愛します!

移動平均線でみた相場感

移動平均線はほぼ水平になっています。 どちらの方向に行けばいいのかわからないというようなレンジ相場に突入していると言えます。

なのでこれから上昇していくかもしれませんし、 下落していくかもしれません。

個人的には一度上昇してくれてから下落を始めてくれると嬉しいです。

より優位な位置でショートエントリーをかけることができますからね。

しかしそんな僕の願望は全く通じません。

相場は僕の言うことなんか一切聞いてくれませんから。

だから僕の方から相場に寄り添ってあげなければいけません。全くなんて我がままなんだこいつは。

とりあえず今は、 進路迷う学生のようにウロチョロウロチョロとしているので、 どちらに行くか予想するのではなくてしばらく様子見する局面だと考えられます。

総合的な相場感

大きくは下降チャネルの中に入っていてその中で推移しているような相場環境になります。

移動平均線の分析にも書いたように、 1時間足レベルではレンジ相場になっていてどちらに行くかよくわからないような相場環境です。

もしここで上昇してくれたら、 直近の高値すなわち下降チャネルの上限辺りで反発してくれるのではないかと期待して待っています。

そうなると ダブルトップを築き上げて下落を始めてくれるので、 安心してショートおうてるからです。

現在はうじうじうじうじとしているので、 うじうじ君はほっておくというスタンスでしばらく様子見をしていきます。

トレード戦略

ショートを狙いにいきましょい!

現在は週足レベルの下降チャネルの中で上限のライン付近で 推移しており、 ショートの優位性がとても高いと言えます。

しかしながら、 4時間足レベルの移動平均線は上昇気味になっているので、 安易に今すぐショートを打つことはできなさそうです。

1時間足レベルでいうとレンジ相場になっており、 このレンジ相場が上抜けてきたらその上昇が終わるまで待って、ショートでエントリーをかけていこうと思います。

逆にこれからすぐに下落が始まったとしても、 四時間足レベルの移動平均線が気になるので、 慌ててショートを打つことはせず、 4時間足レベルの移動平均線が水平になってから、下落してくるまで 待とうと思います。

7月上旬辺りにショートでエンドリをかけられればとても嬉しい通貨ペアになります。

待ち遠しくてたまりません!!!!!!

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する