FX初心者勉強用!ダウ理論をやさしく解説【チャート分析の練習つき】

トレードをするには、前提知識を知っておかなければなりません。

これを知らずにトレードをしてしまうと、当然のように負けてしまいます。

バットを持たずにバッターボックスに立つ野球選手のようなものです。

FXは正しい知識をつけて正しくトレードをすれば、当然のようにリターンを得ることができます

決して難しくないので、是非とも知識を蓄えて臨みましょう!

 

初心者トレーダーはまずダウ理論を勉強しよう

この記事を読んでわかること

まだFXをはじめてから間もない初心者トレーダさんでも、

FXをしばらくやってみたけどなかなか上手くいかない方でも、

ダウ理論については正確に知っておかなければなりません。

この記事を読むことで、ダウ理論の全てについてをわかりやすく理解することができます。

なぜダウ理論を勉強しないとダメなのか

FXの本質は値動きを捉えることです。

とにかく値動き。その上で、インジケーターやオシレーターを参考値として相場を分析してエントリーや決済を決めていきます。

値動きを捉える大前提として、ダウ理論というものがあります。

FXをやっていると耳にすることも多いのではないでしょうか。

でもダウ理論が大切だと言われても、実際にそれをどう活かせばいいのかもわからないし、

それだけでトレードするのも結構難しい。。。

確かにそうです。

ダウ理論は確かに重要ですが、それだけではトレードはできません!

ダウ理論だけを使ってトレードしようとすると、エントリータイミングもうまくつかめないし、

決済タイミングも見逃してしまい、

結局のところロスカットまで追い込まれてしまいます!!!

恐ろしい。。。。

そして結論として、ダウ理論は使えない!!と思っている方も多いと思います。

でもそれは、ダウ理論をしっかりと理解していないがために、ちゃんとした知識なしでトレードしてしまい、

結果的に使えないと思っているだけなんです。

これから、まずはトレードに入る前に、しっかりと知識をつけていきましょう。

ダウ理論は絶対知っておかないといけません!!!

ダウ理論を勉強したらトレードが上手くなる?

結論としては、ダウ理論はあくまで相場の状況を把握するためのツールであって、

それだけでエントリーや決済を決めるのは、初心者トレーダーには難しいんです。

もちろん、中級・上級とスキルを上げていくと、ダウ理論をもとにトレードを決めることもできるようになってきますが、

初心者のうちは、相場の分析だけに使って、エントリーや決済はインジケーターの手助けをもらってから行うのが

一番やりやすいと思います。

ここまでダウ理論、ダウ理論となんども書いていますが、

そもそもダウ理論をよく理解できていない人も多いですよね。

ダウ理論って知らないけど、知らないのは恥ずかしいから知っていることにしておこう!

とか

ダウ理論はなんとなく知っているけど、詳しく把握するのは難しいから勉強できない!!

という声も聞こえてきそうです。笑

ご安心ください!

まずはトレードの大前提である、

ダウ理論について順番に学んでいきましょう!!

ダウ理論には6つの法則がある

そもそもダウ理論とはなんぞやという話です。

Wikipediaによると、

“ダウ理論(Dow Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。”

とあります。

ここで注目していただきたいのが、

“値動きを評価するための理論”

とありますね。

僕が最初に書いたように、FXの本質は値動きにあります。それを評価するための理論ということで、

つまり値動きを捉えて相場の状況がわかるようになるための理論ということですね。

だからダウ理論はトレードをする上での大前提の知識として必要なんです。

ちょっときになるのがチャールズ・ダウという偉い方についてです。

どんな人なんでしょ?

(Wikipediaより引用)

はい、こんな人です!!!

ヒゲでほとんど顔が見えないですね。

テクニカル分析の先駆者・ウォール・ストリートジャーナルの先駆けを作った人、、

いろんなすごいことをされていますが、気になる方はネットで調べてみてください。

この人自体の生い立ちはトレードにはあまり関係ないので省きます。

余談はこれくらいにしておいて、ダウ理論に戻りましょう。

ダウ理論には6つの基本法則があります。

ダウ理論を本当に詳しく理解しようとすると、小難しい分厚い本が1冊出来上がるくらいなのですが、

相場分析に活かすにはこの6つの法則を理解すればOKです。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

こんだけ!

こんだけなんですが、この6個が何を意味しているのかを理解するのがなかなか難しいんですよね。

ということで、これからひとつひとつ追っていきましょう!!

ダウ理論の6つの法則を勉強しよう

1.平均はすべての事象を織り込む

1つめからして中々意味わからないことが書いてありますね。

この内容をちゃんとした文章で見ていくとこうなります。

各国や組織が発表する経済統計や企業の業績、自然災害など、需給に関するあらゆる事柄は全て市場価格に織り込まれているという考え方。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言えます。

すごい偉そうなことを。。。

もはや1つめから諦めてしまいそうな内容ですが、まぁ噛み砕いていうと、

相場はいろんな投資家の考えが値動きに全部反映されているんですよー

ということです。

利下げが起きようが利上げが起きようが、雇用統計の結果が悪かろうが、それに対する投資家の評価は

全て値動きに反映されるんです。

円安だと思う人が多かったら円安に向かいますし、その逆も然りです。

とにかく値動きが全てなんだということを最初に言いたかったんですね。

FXの本質は値動きにあり!ですね。

2.トレンドには大きく分けて3種類ある

さぁここからいよいよ値動きの具体的な話が出てきます。ワクワクです。

トレンドには3種類ある!!どんなトレンドでしょう!!

ダウ理論は、値動きの分析においてトレンドを重視して考えているんです。

そのトレンドにはこちらの3種類があるという分類をしています。

1.主要トレンド:1年~数年のサイクルで発生するトレンド

2.二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクルで発生するトレンド

3.小トレンド :3週間未満のサイクルで発生するトレンド

そしてこれらのトレンドは互いに独立しているのではなく、

二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられています。

わかりました?笑

このトレンドの捉え方はいきなりすごく大事です。

もっと詳しく見ていきましょう。

これら3種類のトレンドを見ていくとこんな感じになっています。

まず、青い線が主要トレンドです。数年のスパンで生じる大きなトレンドです。押し目を作りながら上っていってますね。

そしてその青い線の上昇しているところを詳しく見ると、赤い線になります。これは数ヶ月のスパンで生じるトレンドで、青い線ではただ上がりっぱなしのように見えるけど、詳しく見てみると実は赤い線のように押し目を作りながらトレンドを形成しているということです。

そして更にその赤い線の上昇しているラインを詳しくみると、緑の線のようにまた押し目を作りながら上昇しているんだぞ!!

という構造になっているんだ。とダウさんは言いたいわけです。

ここで僕の芸術が炸裂するのですが、これらをひとつの図で表そうとすると、こんな感じになります。

細かくなりすぎるので、主要トレンドと二次トレンドくらいまでにしておきます。

このような構造をフラクタル構造といって、大きい鳥の目で見たときと、小さく虫の目で見たときで

構造が全く同じになっているんです。

このフラクタル構造ですが、実は日常生活でもよく目にする機会があります。

例えばブロッコリーなんかもそうです。

スーパーでブロッコリーを1つ買って、食べる時に切っていくと思いますが、

買った時と切ったあとで構造って全く変わっていないんです。

これも主要トレンド(切る前ブロッコリー)の中に二次トレンド(切ったあとブロッコリー)があるのと同じです。

他にも、雪の結晶だとか色んなところにフラクタル構造は存在します。画像検索なんかしてみると色々出てきて楽しいですよ!

これでダウ理論2つ目は制覇ですね!

ダウ理論2つ目、相場はブロッコリーである。 覚えておいてください。

3.主要トレンド3段階からなる

3つめはトレンドのでき方について段階を分けて説明しています。

ここら辺から、相場を分析するための分類を勉強できるようになってきます。

トレンドには3つの段階があるとダウさんは説明しています。

その3つの段階がこちらです。

1.先行期
市場価格が下落し、ある価格まできたとき、これ以上下落しないだろうというところから”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

2.追随期
市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

3.利食い期
価格が上昇しきったところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。だんだん上昇する値幅は小さくなっている。

この3つの段階は、上昇トレンドについて書かれていますが、もちろん下降トレンドでも同じことです。

もう少し分かりやすく見ていきましょう。

先行期では、値動きの下落トレンドが終わり、次のトレンドに向けた準備の期間です。

売りを仕掛けてくるトレーダーも少なくなり、だんだん買いを入れてくるトレーダーも増えてきてもみ合いを起こしたり騙しがあったりして次のトレンドへエネルギーをチャージしているところです。

上級トレーダーはここで上昇に向けた準備のために買いのエントリーを入れていきます。

追随期では、上昇トレンドが始まり、だんだんとそれに乗っかろうとするトレーダーが増えてきて、

更に上昇していくというアゲアゲの時期です。

中級トレーダーはこのトレンドが始まったタイミングを確認して買いでエントリーをしていきます。

利食い期では、先行期や追随期で買いを入れたトレーダーが利益を確定させるために動き始める期間で、

もみ合いを起こしたり、下げが強くなったりしてきます。

これまで上昇してきているのを見た初心者トレーダーはここでやっと買いを入れて、含み損を抱えることになります。

トレンドって、日本語でいうと「流行」という意味になるのですが、

FXに限らず流行って大体こんな盛り上がり方をしますよね。

まずはカリスマが新しいことをはじめて(先行期)、だんだんそれが広まってきて一般の人もそれを使い始めたり、流行語になったりしてきて、(追随期)

時間が経ってそれが飽きられてくるとみんな使わなくなってきて、

まだ使っている人は時代遅れとか言われたりして(利食い期)。。。

そしてまた次の新しい流行が始まるみたいな。

相場も全く同じ動きをするんです。

トレードしているのは人間なので(もちろんAIとかも最近はいますが)、流行も同じような流れになっていて

それがチャートに反映されているだけなんですね。

4.平均は相互に確認されなければならない

では続きまして4つめです。

これは一応説明しますが、少し難しいです。僕はこれはあまり相場分析に使わなくてもいいと思うので、

飛ばしていただいて結構です。

複数の平均的なテクニカル指標が存在している場合、そのテクニカル指標のどれもがシグナルを発していないと、

それはトレンドにはなっていない。というもので、

まぁ簡単にいうと、インジケーター(移動平均線とかボリンジャーバンドとか)を使って相場を分析してみると、

本当にトレンドになっているんだったら、そのインジケーターのどれもがちゃんとトレンド発生のシグナルを発していますよー。

というものです。

移動平均線を見ても傾きが出ていてトレンドになっていることを確認できるし、

ボリンジャーバンドを見てもエクスパンションしてトレンドになっていることを確認できるし、

複数のインジケーターが全部トレンド発生しているよって教えてくれるんだよ。ということです。

はい次!!

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

これもそこまで重要ではありません。

トレンドが出ているということは色んな人が相場に参加してきているはずだから、

もちろん出来高(取引の成立回数)もすごい上がっているんだよ。

出来高が上っていないと、トレンドが発生しているとは言えないんだよ。

というものです。

が、FXではそもそも出来高は確認できない(ある証券会社ではその会社での出来高などは公開しているところもあります)ので、

あまり役には立ちません。

出来高がすごい =  値動きが激しい

とも言えるので、値動きだけちゃんととらえることができれば問題ありません。

そしてその値動きのとらえ方はこれからも詳しく説明しますので、ご心配なく。

次!!

 6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

そして最も重要とも言えるのがこの最後の法則です。

この法則こそ、相場観を持つために必要不可欠な理論です!!!

さすがダウさんは立派なヒゲをおもちですね!!

大切な法則を教えてくれています。

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続ける!!!

これがすごく重要で、ここの部分だけ、ダウ理論で聞いたことがある人も多いと思います。

では転換シグナルとはなんなのか、見ていきましょう。

ここでは上昇トレンドについて説明しますが、下降トレンドも考え方は全く同じです。

そもそもトレンドとはどういう状態のことを指すかというと、

高値切り上げ、安値切り上げの二つの条件が揃っている値動きのことを指します。

こんな感じで、なんか上っていって(高値1)下がってきて(安値1)、

また上ってきて(高値2)そして下がってきて(安値2)

というのをなんとなーくチャートで見ていると、高値がどんどん更新されていって、下がってきても安値もどんどん上に更新されていく状態のことを指します。

なんかちょっと下がってくることもあるけど、全体的にボケーっと見てみるとなんか上っているなぁ

という状態のことです。

厳密にここが高値で、ここが安値で、、ここが切り上がっていて、、と考えてしまうと、

息苦しいですし、

あれ、、ここはどうなんだろう、、、あれ、安値かな??ん?わからん!!!わらからんぞーー!!!

となってしまうので、できるだけなんとなーくでトレンドを考えてみるといいですよ。

これは相場が今どんな動き方をしているかをぼんやりと捉えるためのものなので!

トレンドがわかったところで、

次はその「明確な転換シグナル」とはなんなのか、考えてみましょう。

要は、先ほどのトレンドの定義が成立しなくなることを指します。

高値切り上げ、安値切り上げの定義が成立しなくなるのはこういう動き方をした時です。

最初は順調に高値(赤い丸)を切り上げていって、安値(青い丸)も切り上げていってますが、

ある時、安値Aを下抜けてしまいます。

ここで安値切り上げが成立しなくなり、トレンドが終わってしまったことを相場が教えてくれます。

ドゴーーーーン!となっているところです。

いたって真面目に適切な擬音を探したところ、ドゴーーーン!になりました。

これも値動きを見て判断することができるので、相場の本質は値動きであるということもわかっていただけるのではないでしょうか。

ここで重要なのは、

これでわかることは、上昇トレンドが一旦終わったということで、次は下降トレンドが始まるとは限らない

ということです。

あくまで、トレンドの継続条件が成立しなくなり、これで一旦このトレンドは終わりだよー。

という相場分析ができるようになるということです。

もちろんこのあと、もう一度上昇トレンドが発生する可能性もありますし、下降トレンドに移り変わる可能性もあります。

ダウ理論だけを使ってトレードする方がなかなか勝てないのは、

これでトレンドが終わったことまでは判別できるのですが、

次は下降トレンドだ!!!

と思い込んでしまってショートエントリーしてしまい、

結果また上昇トレンドが発生して損切りになってしまうパターンがあるからです。

ダウ理論は重要な知識ですが、あくまで相場分析の基礎であって、初心者はこれだけでトレードをするべきではないということを覚えておきましょう!!

まだまだたくさん重要な知識は必要です。

 チャートでダウ理論の相場分析を練習しよう!

ダウ理論がわかったところで、実際のチャートを見て相場分析をしてみましょう。

上昇トレンドの相場分析

こちらは実際のドル円の1分足のチャートです。

2で学びましたが、相場はフラクタル構造になっているので、どの時間軸でみてもダウ理論を使った相場分析はできます。

ちゃんと安値切り上げ、高値切り上げが成立していますね。

この状態がトレンドが発生しているという状態です。

ここで注意しておきたいのは、高値切り上げと安値切り上げを考えるときに、高値がどこで、安値がどこで、、

とちょっと迷っちゃう時があります。

上の例にしたって、もう少し詳しくマークをつけようと思ったら、こんな感じでマークをつけることができます。

どのマークのつけ方が正しいんだろう。。。

と迷っていると、だんだん混乱してきてもうわからない!!やめた!!!となってしまいます。

マークのつけ方に正解はありませんので、自分が、ここが安値だ!ここが高値だ!と思う位置に

マークをつけてみましょう。

大事なのは、今は上昇トレンドが発生しているのか、下降トレンドが発生しているのか、

という大まかな相場感を掴むことです。

トレンド転換の判定

では次は、トレンド転換シグナル、つまりトレンドが終わりだよ、と判断できるのはどこか、

実際のチャートを見て考えてみましょう。

青色の安値が切り上がっていって、赤色の高値が切り上がっていって、、

そして最後の青色の安値を

ドゴーーーン!!

と下抜けた時、これが上昇トレンドの終了だと判断できる明確な転換シグナルです。

ここで余談ですが、初心者トレーダさんは相場が上ってトレンドが出来てから、どうしようどうしよう、と迷いつつ、上がりきったところでロングエントリーをしてしまいます。

または、パッとチャートを見たときに、上がっているからロングでエントリーを仕掛けます。

そしてこのドゴーーーン!!にやられてしまいます。

しかも損切りができない。

これがダウ理論を使っているつもりなのになかなか勝てない理由でもあります。

仮にエントリーしてしまったとしても損切りはしっかりとできるようにならなければなりません。

損切りが確実にできるようになるために、メンタル強化教室をメルマガで毎日やっているので、

損切りが難しい!という方は是非メルマガに登録してメンタル教室を受講しましょう!

トレンド終了後の値動き

続いて、トレンド終了のシグナル後の相場の動きを見てみましょう。

上昇トレンドが終わったからといって、下降トレンドが必ずすぐに発生するわけではありません。

上昇トレンド1が発生した後、ドゴーーん!がきてその後すぐに上昇トレンド2が発生しています。

上昇トレンド1が終わった後に必ず下降トレンドが来ると思い込んで大きくショートをうってしまっていると、

大きく損になってしまっていたケースです。

ダウ理論を学んだからといって、思い込みでトレードをしてしまうとこういう痛い目にあってしまうことがあります。

ちなみに、僕が赤色と青色のマークには正解はない!と書いたのを覚えていますか?

実は上の例ですが、ちょっと見方を変えると、こんな感じで一つの上昇トレンドだと捉えることもできるんです。

見事に高値切り上げと安値切りあげが成立していますね。

なので、別のとらえかたを見せていただいて、「こういうのが正解じゃないんですか?」と質問されても、

確かにそうですね。としかお答えできないんです。

いろんな分析がありますから。

上昇トレンド1が終了して、上昇トレンド2が発生した、と捉える人もいますし、

一つの上昇トレンドがずっと継続している、と捉える人もいると思います。

大事なのは、自分がどう相場をとらえて、どのように優位な位置でエントリーするか、であって、

いろんな人の相場分析に惑わされてはいけません。

必ず自分でチャートを見て、自分でどんなトレンドが発生しているのか、考えること。

ドル円の1分足でもいいので、自分でマークをつけてみて、どんなトレンドが発生しているのか、

今は追随期なのか利食い期なのか、

自分で仮定して、チャートを見る訓練をすることが大事なんです。

下降トレンドの相場分析

ちなみに、今まで上昇トレンドだけでみてきましたが、下降トレンドだったらこんな感じに、

高値切り下げ、安値切り下げになってきます。

考え方は全く同じです。

 ダウ理論を勉強したらやるべきこと

相場分析の大前提知識であるダウ理論、いかがでしたか? 

これで相場がどういう状況なのか、分析をすることができるようになりました。

はじめにも書きましたが、これだけではトレードで勝てるようにはなりません

あくまで、最初の1歩を踏み出したに過ぎないんです。

でも、これを知らずに今までトレードをしてきた方には大分強い武器にもなりますし、

これからトレードを始めようとしている方も基礎の基礎知識をつけることができたので

大きくレベルアップできたと思います。

これから、さらに相場分析、テクニカル分析の部分をスキルアップしていきましょう。

でも、トレードはこういう相場分析やテクニカル分析だけではありません。メンタルトレーニングも必要なんです。

メンタルトレーニングは、僕のメルマガでみっちりと教えていきますので、是非メルマガに登録してみてください!!

ダウ理論をマスターしたら次はプライスアクション !

順番に勉強していきましょうね!

FXトレーダー大学では、僕が個別にトレードの指導をさせていただくコンサルティングをさせていただいてます。

ダウ理論でわからなかったところや、色々な相場分析について個別で相談に乗ります。

これを機会にトレードの成績を上げていきましょう!

▼ 個別指導の詳細を読むには下の画像をクリック

FXコンサルティング募集

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する