MT4自動売買ツールを徹底比較!!【適切な自動売買ツールが分かる】

この記事を読んでわかること 自動売買を稼働させる場合は、それぞれの自動売買ツールの特性を踏まえて、自動売買ツールの選定をすることが大切です。この記事を読むことで、各自動売買ツールごとに特性を説明しているので、どの自動売買ツールが自分に適しているのかがわかります。

MT4自動売買ツールを選ぶときのポイント

MT4自動売買ツールも自分にあったものを選ぶことが必要

MT4の自動売買ツールと言えば、設定しておくだけで勝手に自動でトレードをしてくれて楽チン!放置しておけばいいから、成績が優秀な自動売買ツールだけ選んで稼働させておけばいい!・・・と思われがちなのですが、実はそれが大きな誤りなのです!!!!

自動売買ツールは近年、とても多くの種類があり、どのツールも良さそうに見えるものです。

しかし、どの自動売買ツールにも弱点はありますし、どの自動売買ツールにも得意なトレードがあります。

例えば、リピート系自動売買ツールは、レンジ相場にはとても強いですが、トレンドが発生していると利益にはなりにくいのが弱点です。

このように、自動売買ツールごとの特性を知った上で、どの自動売買ツールを稼働させるかを意思決定していく必要があります。

ひとくちに自動売買ツールと言っても、このように多種多様なツールがあり、それぞれの特性を元に、自分にあったツールを選んでいく必要があるのです。

でないと、トレードの途中なのに勝手に自動売買ツールを止めて手動決済してしまったり、、と言ったように、自動でトレードするのを待てなくなってしまいます。

自分の判断を入れてしまうと、自動売買ツールの本来の力を発揮できなくなるので、よろしくありません。

自分にぴったりとあった自動売買ツールを選んで、自動売買ツールを信頼して初めて自動売買ツールの本領を発揮できるのです。

今回の記事では、僕が開発したMT4自動売買ツールについて、それぞれのツールの特性を公開します。

特性を理解して、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

自動売買ツールでもトレードの過程は気になるもの

いくら自動売買ツールと言えども、そのトレードの過程は気になるものです。MT4のスマホアプリで自動売買ツールを起動している口座にログインして、今のポジションを見たり実績を見たり、、、

自動売買ツールがちゃんとトレードしてくれているか、気になってしまうのは人間の本能として仕方のないことです。

だって、自分の大切なお金を預けているのですからね。

しかし、このように自動売買ツールのトレードが気になってしまうと、思わぬ悪影響が生じたりすることもあります。

それは、先ほども書きましたが、途中で人間の手を入れてしまうことです。

含み損が出てきたときに、それを見て耐えきれずに手動で決済をする。そして自動売買ツールを停止させてしまう。

これは自動売買ツールの特性を知らないままに稼働させてしまっていることが原因なのですが、このようにトレードの過程が気になってしまうと、良いことはないのです。

ポイント

自動売買ツールにトレードさせていても、結局はトレードの過程が気になるもの。余計なことをして自動売買の成績を乱さないようにするためにも、自分にあった自動売買ツールを選ぶようにしよう。

MT4自動売買ツールごとの特性

これまで書いてきたように、MT4自動売買ツールの特性をちゃんと理解しておく必要があります。

僕が開発した自動売買ツールについて、それぞれの特徴をまとめた図が以下になります。

これからそれぞれのツールについての特徴を解説していきます。

スイング用自動売買ツール GSIS trade

GSIS trade は多通貨ペアに対応した4時間足以上で稼働するスイング用の自動売買ツールになります。

スイングなので、トレード頻度は低いですが、その分長期的なトレンドに乗った低リスク運用をすることができます。

安定性も高く、一気に資金が溶けてしまうと言ったこともありません。

システムで自動算出されたチャネルラインに沿ってトレードをするので、自由に決められるパラメータも少なく、自由度は低いと言えるでしょう。

長期的にゆったりとスイングトレードをしたい方におすすめです。

GSIS -trade- の詳細はこちらをクリック

ハイリスクハイリターン自動売買ツール kakugo

kakugoはナンピンマーチンを基盤とするハイリスクハイリターン自動売買ツールになります。

レンジ相場にはめっぽう強く、短期間で巨大な利益を稼ぎ出すことができます。

反対に、トレンド相場にはとても弱く、トレンド発生時にはリスクが高い自動売買ツールとなります。

レンジの間だけ動かすことができれば、かなり莫大な利益を期待できる自動売買ツールです。

完全版kakugoの詳細はこちらをクリック

長期安定運用自動売買ツール FOOP

FOOPは長期的に安定して運用することに主眼をおいた自動売買ツールです。

利益は少ないですが、その分損失も抑える機能を豊富に作っているので、含み損を大きく抱えてハラハラすることから解放してくれます。

トレード頻度もとても多く、1日に1回利益を確定させていくイメージです。

自動売買ツール初心者なら、FOOPから運用をはじめてみることをおすすめします。

リピート系の自動売買ツールの中では群を抜いて安定な運用をしてくれる多機能な自動売買ツールになります。

FOOPの詳細はこちらをクリック

高自由度トレード戦略組み立て自動売買ツール estren

estrenは、自分で引いたラインに沿って自動でトレードをしてくれる自動売買ツールになります。

あらかじめ自分で引いておいたレジサポラインや、フィボナッチリトレースメント、チャネルラインに沿って自動でトレードをしてくれるので、かなり自由度の高い自動売買ツールになります。

兼業の方はずっとチャートを見れるわけでもないので、あらかじめラインを引いておいて、そのラインに沿ってトレードを自動でさせることのできるestrenを使うと便利です。

自由度も高いので、リスクを自分で限定することができます。

自分で引いたラインでトレードして利益を出せるという中級者向けの自動売買ツールとなります。

estrenの詳細はこちらをクリック

以上がMT4自動売買ツールのそれぞれの特性になります。

ちゃんと特性を理解して、自分にあったものを選ぶようにしていきましょう。

ポイント

何もわからないけど、とりあえず自動売買ツールを始めてみたい!という方はFOOPから始めるのがおすすめ!安定した自動売買ツールで、自動でトレードをしてもらうことに慣れよう。

メルマガ登録はこちら!!

最新の限定情報が盛りだくさん!

・高精度インディケーターGSIS!
・チャネルライン自動売買ツール GSIS -trade-
・トレード戦略創造自動売買ツール estren
・裁量トレードメンタルコントロール方法!

メルマガ登録する